しらべぇ

欅坂46・菅井友香がランジェリー解禁 「キティちゃんパンツは?」と総ツッコミ

欅坂46の菅井友香が、自身初となるランジェリー姿のショットを公開した。

エンタメ

欅坂46の菅井友香が、23日発売の『anan』(マガジンハウス)2103号で、自身初となるランジェリー姿のグラビアを公開する。

これは6月5日に発売される菅井の1stソロ写真集『フィアンセ』(講談社)からの先行カットで、その一部が21日、ウェブサイト『ananweb』上に掲載された。

 

■「清楚セクシー」にファン興奮

公開されたカットには、ベッドルームで鏡に向かうランジェリー姿の菅井が収められている。カメラには背を向けつつも、鏡越しに下着姿を写り込ませた、テクニカルな1枚だ。

良家育ちのお嬢さまとして知られる菅井らしい、扇情的ではない上品なセクシーショットにファンは大興奮。

 

■菅井と言えばキティちゃんパンツ

菅井の下着と言えば、「キティちゃんパンツ」のエピソードが有名だ。欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)の2016年1月の放送で、上村莉菜が「菅井が20歳(当時)なのにキティちゃんがプリントされたパンツをはいていた」と暴露したことに端を発する。

上村によると、お尻の部分にハローキティがあしらわれたかわいらしいショーツだという。菅井はこれを中学生時代から愛用し続けているのだそう。

今年2月の放送では、再びその話題に触れられている。あれから2年が経ち、MCの土田晃之から「あのパンツは処分したんですか?」と確認された菅井は、言葉を詰まらせ苦笑いを見せる。

澤部佑(ハライチ)が「おい、22歳! まさか、まだ現役?」と追い打ちをかけると、はにかみながら「たまに……」と現在も愛用中であると認めた。

 

■キティちゃんパンツ着用ショットをファン熱望

水着グラビアすら未経験の菅井が下着姿を披露するという事実だけでも、ファンが写真集を購入する動機としては十分すぎる。しかし、熱心なファンはやはり「キティちゃんパンツ」の着用ショットを強く望んでいるようだ。

 

■下着は頻繁に買い換えるべき?

しらべぇ編集部の調査によると、下着を頻繁に買い換える女性はさほど多くないという結果が出ている。

1年ほどブラジャーは買っていない年代別グラフ

1年ほどブラジャーは買っていない傾向別グラフ

どの世代でも、4割前後の人が直近1年間でブラジャーを買っていないと答えている。また、恋愛経験のない人ほど買い換えに無頓着であるという傾向も見て取れる。

この調査はブラジャーに限定しているもので、菅井のショーツ問題とはまた少し話が違うかもしれないが、基本的に女性の下着は上下セットで考えるのが一般的だ。

恋愛禁止のアイドルグループに所属する菅井が中学生時代のパンツを今でも使い続けている、というのはある意味では自然なことなのかもしれない。

・合わせて読みたい→「スピード感が新鮮!」 欅坂46登場の新CMは「小林由依に注目」?

(文/しらべぇ編集部・ナカニシキュウ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日
対象:全国20代~60代の女性687名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu