しらべぇ

芸人への「ブスイジリ」が辛い 自称ブス女性の痛切投稿に共感の声

ブス自覚のある人は、テレビで「ブスイジリ」を見ると辛い気持ちになる?

人間関係

(moodboard/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

「自虐ネタ」は日本のお笑いでポピュラーな笑いのひとつ。だが、すべての人がそれを見て腹を抱えて笑えるかと言うと、そんなことはないだろう。

「はてな匿名ダイアリー」に投稿された「ブスだけどブス芸人が辛い」というエントリーに注目が集まっている。

 

■ブス芸人のせいで辛い思いを?

投稿者は見た目にコンプレックスがあるそうで、「テレビで見るブスいじりされて笑ってる、笑われてるブス枠の芸人見るとほんと辛い」と語る。

「食べていくためにコンプレックスを笑いに変えて生きていくのが正解だと思ってやってるんだろうから仕方ないのかもしれないけど」と、その職業に一定の理解を示しつつも、「彼らがそういうことをしなければもう少し自分の学生時代に虐められることなく生きていけたんじゃないかな」と考え、腹が立つときもあるそうだ。

 

■「ブスイジリ」に対してさまざまな声

この投稿に、他のネットユーザーからは共感の声が相次ぐことに。その一例を紹介すると…

・難しいよね。芸人らにして見たら、コンプレックスを武器に戦う姿勢でもあるんだろうけど、一般人からすれば差別を強めてるともとれるもんね

 

・青木さやかとかおかずクラブの「自意識過剰なブサイクが、ありもしないセクハラに怒ってみせる」ネタとかもモヤモヤする

 

・彼女らがブスを売りにすることで、ブスいじめのハードルが下がっている面はあると思う

 

・ブスをネタにしてるのはもう古くてダサいと思う

 

・濱田祐太郎は「僕は盲目を笑いたいけど、盲目の人すべてがそうじゃないから、そこは注意してね」的なこと言ってたな。一方トレンディエンジェルの斉藤が言う「ハゲをポップにしたい」は、結構傲慢な考えだと思う

 

などなど。生まれ持った容姿や、変えることができない性質を笑いの材料とすることについて、思うところがある人は少なくないようだ。

 

■「言うほどブスじゃない」という声も

また、こんな声も。

・言うほどブスじゃないしね

 

「そう、そうなんだよ!」と思わず膝を打った人も多いのではないか。

たしかに芸人は美男美女揃いの芸能界では、容姿的には優れていないかもしれない。だが一般社会では「普通」の部類に入ることも多い。

もしその芸人が自分に似ていたなら、複雑な気持ちになる可能性も高いだろう。

 

■「ブス自覚」ある女性は半数弱

しらべぇ編集部が全国20〜60代の女性702名に「自分の容姿」について調査したところ、「ブスだと思う」と自覚しているのはおよそ半数という結果に。

 

とんねるずの笑いが「パワハラ」と批判を受け、司会番組が終了するなど、笑いに対する価値観も変化している今の世の中。容姿を笑いのネタとすることも、近い将来受け入れられなくなるのかもしれない。

・合わせて読みたい→ブスほど悲劇のヒロインを気取りがち? 「結婚したブスあるある」がひどすぎる

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年8月21日~2015年8月24日
対象:全国20~60代の男女1413名(有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu