しらべぇ

都会人「車通勤って謎」に対する田舎在住者のアンサーが痛快すぎる

不快なうえ、痴漢冤罪のリスクもある満員電車より車通勤のほうが快適?

地域

アメリカでの運転で気をつけたいこと

同じ日本でも、都市部と地方(とくに田舎)では暮らし方が大きく異なる。通勤方法は、そのうちの1つだろう。

「はてな匿名ダイアリー」に投稿された「都内住みからすると車通勤ってのがよく分からん」というエントリーが注目を集めている。

 

■疲れた心身で運転ってできるものなの?

東京都在住の投稿者は率直な疑問を持っているよう。それは「一日働いて、多少なりとも疲れた体と頭で車を運転するの? あぶなくない?」というものだ。

また、「今日は飲んで帰りたいなあ」と思い立ったときどうしているのかという疑問もあるよう。

 

■「超快適」「酒は帰って飲む」

これらの疑問に対し、田舎在住と見られる他のネットユーザーからは「快適」との声が多く集まることに。その理由は…

・ちょう快適だよ。小腹がすいてるからお菓子食べたり、好きな曲かけて歌ったり、ラジオ聞いて笑ったりしながら運転してる。田舎者からすると逆に満員電車で他人に遠慮しながら移動してる方が辛くねって思うけど

 

・事故のリスクはあるけど車の方がずっと楽。普段は電車で行くところを駐車場を予約して車で行き来したら疲労度が全く違った。トラバで言われてるようにプライベート空間なのが大きいかな

というものだ。たしかに都会の満員電車でパーソナルなスペースを確保するのは難しく、言うまでもなく飲食や大きな声で歌う行為はマナー違反だ。その点、自動車内では自分の時間を過ごせるだろう。

また、田舎ならではな交通事情、立地事情からの答えも。

・田舎では車で30分の所も電車では2時間かかるんだよ

 

・費用面で地方の人を集約する仕事は郊外を選ぶ企業は多いのよ。物流とか。んでバスを出しても朝晩だけ15分に一本(接続する電車は30分に一本)残業したらバスがなくなる、って環境なら車選ぶわなと

 

・飲んで帰るという選択肢は会社の周りに店がないのでそもそも存在しない。会社の周りに店がないほどに田舎だから車通勤なのだ

 

「会社の近くにそもそも店がない」というのは都会生まれ都会育ちの人にはなかなか理解しにくいかもしれないが、選択肢がそもそもなければ「飲んで帰りたいな」とは思わず、自然と家で飲むことを選ぶようになるだろう。

 

■運転にリスクはあるが「痴漢冤罪は?」の声

また、疲れた状態で運転することについては、以下のような声が。

・疲れてたら車の中で休めばいい。無理に運転するのだけはやめよう

 

・居眠り運転って、みんなが思ってるより多いよ。報道されない事故が多い

 

当たり前といえば当たり前だが、リスクは決してゼロではないようだ。ただ、一方で…

・事故リスクもあるけど痴漢冤罪のリスクはないからの

 

という声も。落ち着かない満員電車生活を過ごしている都会生活者の人にとっては、ある意味納得なのではないか。

 

■車は贅沢品? 必需品?

車は贅沢品性年代別グラフ

しらべぇ編集部では以前、全国20~60代の男女1,357名に「車の所有」についての調査を実施。その結果、「車は贅沢品だと思う」と答えた人が、全体で40.0%という結果になった。

しかし、地方で暮らしていると車はやはり必需品。都会人には理解できない快適さ、メリットがあるのは間違いないだろう。

・合わせて読みたい→車の屋根に乗った男性が下敷きで死亡 飲酒後の「悪ノリ事故」に呆れの声

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu