しらべぇ

『ダウンタウンなう』安達祐実の夫は「ド変態!」 ヤバすぎる夫婦の実態に驚愕

『ダウンタウンなう』18日のゲストは安達祐実、手塚理美親子、音尾琢真。「ド変態」な安達祐実の夫の実態とは…?

エンタメ

18日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の人気企画「本音でハシゴ酒」のゲストに、安達祐実、手塚理美親子、音尾琢真、飲み仲間としてアナウンサーの山﨑夕貴が登場する。

 

■「ド変態!」安達祐実の夫がヤバすぎる!

(画像提供:『ダウンタウンなう』©フジテレビ)

1軒目のゲストは、芸歴34年の女優・安達祐実。1994年の大ヒットドラマ『家なき子』(日本テレビ系)で主人公を演じ、大人顔負けの演技を見せつけ大ブレイクをはたす。2児の母となった今もその愛らしさはそのままに、さまざまな役柄を演じて女優としての活躍を続けている。

収録前には「なんでも答える気で来ています!」と語り、意気込みもバッチリのよう。今夜は芸歴34年の間にあった「離婚&再婚」の裏側、さらには学生時代の悩みまで、知られざる闇の歴史を話し始める。

トーク開始早々、安達がもうすぐ37歳という事実に愕然とするダウンタウン。前夫・井戸田潤との結婚生活の長さについて松本から尋ねられる安達だが、自信なさげな返答に思わず松本も苦笑する。

その理由について、「いまが幸せだから(過去の結婚はあまり正確には覚えていない)」と語り、4年前に再婚したカメラマンの夫について、出会いから付き合うきっかけまで赤裸々に明かす。

その中でも一同は、付き合っているときはもちろん、結婚後も毎日妻の写真を撮り続けているという夫の習慣に驚愕。その撮り貯めた写真の量と内容を目にすると、思わず「ド変態!」とツッコミが。はたして、夫婦関係の実態とは?

さらに、そんな夫からもハシゴ酒の場を借りて、本人には怖くて直接言えないという愚痴が届く。松本を相手に夫婦ゲンカの模様を再現する女優・安達祐実の迫力の実演には、松本も圧倒される。

 

■「清純派」手塚理美のイメージが崩壊?

(画像提供:『ダウンタウンなう』©フジテレビ)

2軒目のゲストは、女優・手塚理美。1982年のNHK朝ドラ『ハイカラさん』のヒロインに抜擢され、その後も数々の人気作に出演し80年代を代表するトップ女優だ。今年で芸能生活50周年を迎え、「今までとは違うことがしたい」と2016年に吉本興業に移籍。恋愛暴露ネタから、母としての素顔まで、吉本だからオッケー? なネタを暴露していく。

「一度に5人と付き合える!」「一妻多夫制がないのはおかしい!」といった持論を展開する手塚に、飲み仲間として参加している新婚の山﨑アナは「私には無理」と呆気にとられてしまう。

さらに、手塚の次男・日南人さんが合流し、母としての顔を暴露。その超厳しい育児に、これまでの「優等生」「清純派」というイメージが強い手塚からは真逆の一面が明らかに。

 

■音尾琢真「TEAM NACS」の不満を語る!

(画像提供:『ダウンタウンなう』©フジテレビ)

3軒目のゲストは、北海道が生んだ人気劇団「TEAM NACS」の最終兵器と呼ばれる男、俳優・音尾琢真。同グループといえば、いま日本で「もっともチケットが取れない劇団」と言われ、6万枚のチケットが即日完売するほどの人気を誇る。

その人気劇団のメンバーの中で、最年少の音尾。じつは日頃なかなか言えない愚痴もあるそう。縦社会だというグループの裏側から、俳優・大泉洋をはじめとしたメンバーへの不満まで激白。

学生時代から仲が良い先輩・後輩同士だからこそ言える、歯に衣着せぬ愚痴を連発する。

 

■自分を「変態」と思っている人の割合は…

変態

 

一同に「ド変態!」と称されてしまった安達の夫。カメラマンが本業とはいえ、結婚後も毎日欠かさず妻の写真を撮り続けるというのは、たしかに「ド変態」といえるかもしれない。

では、自分をそんな「変態」だと思っている人はどのくらいいるのだろうか。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に、「自分は『性的に変態だ』と思うか」について調査を実施したところ、男性の約3割が「変態だと思う」と回答している。

また、30代の男性がもっとも割合が多く4割という結果に。安達祐実の夫も39歳でギリギリ30代だが、もしかすると変態を自覚しているのかもしれない。

 

安達家の一風変わった夫婦関係の実態はどうなっているのか、放送が楽しみだ。

・合わせて読みたい→『ダウンタウンなう』匂いフェチ・吉川ひなの、松本人志の耳を嗅いで衝撃発言?

(文/しらべぇ編集部・からし こうめ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)

この記事の画像(4枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu