元「SOD女子社員」加藤ももか 女優一本に絞るのは「ファンあっての挑戦」

2年間、宣伝部に勤務したSOD女子社員が「女優一本」に絞ることに。

加藤ももか

大手AVメーカーSOD社には、「女子社員」が出演するケシカラン作品群がある。その中でも、女優イベントやSNSなどで、同社広報の顔として活躍し、今年3月末を持って退社したのが、加藤ももかちゃんだ。

 

■SODstarとしてまさかの復活

そんな彼女が、同社の看板女優だけが所属するSODstar専属女優として復帰することが発表された。これまでは、出演はあくまで「副業」だったが、今後は「女優一本」で勝負することになる。

ちなみに、これまで女子社員からスター入りを果たしたのは、市川まさみちゃんただ一人。

加藤:本当は、ずっと「SOD女子社員」でいたいと思っていました。宣伝部としてユーザーさんと触れ合うお仕事も楽しいし、AV出演も楽しい。これって、唯一無二の存在なんですよ。

 

女優さんは、ユーザーさんにとって「雲の上の存在」かもしれませんが、「いつもイベントに来ていた社員のあの子」は、距離感が近いから生の声が聞けるんです。「久しぶり!」なんて言ってもらえたりして。

 

これが、社員でありながら出演していた楽しさでしたね。

 

と、退社→女優専業は、充実していた中で迷った末の決断だったようだ。

 

■女子社員は「防護壁」でもあった

加藤ももか

社員として宣伝を担当しながらAV出演していたことは、支えになった一方で「逃げ」にも感じていた。

加藤:SODという会社は好きだし、女子社員という立場もすごく好きでした。でも、社員というのは便利な「防御壁」で、もし作品がダメでもイベントに人がこなくても、「私は女優じゃないし、OLだし」で逃げられたんです。

 

私はもともと自分に自信がなくて、でも、応援してくださるファンの方が増えてきたときに、「私が加藤ももかを嫌ってたらダメじゃないか!」と思うようになりました。

 

だから、女優一本に絞るというのは、ファンのみなさんあっての挑戦なんです。

次ページ
■「ファン投票2位」が悔しさに

この記事の画像(9枚)

あなたにオススメ