5000億を動かす男・保阪尚希の商才がハンパない! 視聴者、語彙力を失う

保阪尚希が『梅沢富美男のズバッと聞きます!』に出演。その類いまれなる商才を披露し、視聴者の語彙力を奪った。

保阪尚希
(画像提供:『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ)

16日に放送された『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ・関西テレビ系)に、かつてイケメン俳優として一世を風靡し、現在はビジネスマンとしても頭角を現す保阪尚希が登場。

その敏腕ぶりで動かす金額の桁外れな大きさに、視聴者はがく然とするほかなかった。

 

■イランでガスの利権を狙う保阪

通販ビジネスで年商10億円を稼ぎ出し、著書『どん底から1日1億円の売り上げを出す方法』(ワニブックス)も話題の保阪。だが、現在は別のビジネスにも手を伸ばしているという。

梅沢富美男
(画像提供:『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ)

MCの梅沢富美男が「何を狙ってるの?」とズバッと切り込むと、「ガスですね」と即答。昨年イランで新たに見つかったという世界最大のガス田に目をつけ、そのガスを売買する権利を狙っていると明かした。

それによって得られる利益は、およそ5,000億円だという。番組ではそんな保阪のビジネス交渉に密着し、どんなテクニックで巨万の富を生み出しているのか探った。

 

■いち経営者が国と直接取引?

保阪によると、エネルギーの管理は国の管轄なのだそう。つまり、保阪の交渉相手はイラン政府だということになる。

そのために必要な手順は、まず「友人を伝って国への口添えを依頼する」、そして「イランで会社を設立する」、最後に「国の役人と交渉」。そのために、数年前から準備を進めていたのだという。

イランには保阪と親しい「大金持ち」が多数おり、そういった人脈を駆使しながら、順調に政府との距離を縮めていく。独自の理論に基づく人心掌握術などもフル活用し、スタジオを嘆息させた。

保阪尚希
(画像提供:『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(C)フジテレビ)

次ページ
■語彙力を失う視聴者

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ