薬師寺の管主が「不適切な女性関係」で辞任 「モテそうなトーク力だった」との声も

管主は、観光客や地元住民からは「面白い」と思われている人物のようだ。

社会

2018/05/16 18:00

坊主
(chaiyon021/iStock/Thinkstock)

奈良・薬師寺の最高位の僧侶である「管主(かんす)」が、「不適切な女性関係」があったことを理由に辞任したことが報じられた。

「煩悩に勝てなかったのか」と意見がある一方、実際に薬師寺に訪れた人や、地元の奈良に住む人からは「面白い人だった」との声があがっている。

 

■「不適切な女性関係」

報道によると、「宗教者として不適切な女性関係について、週刊誌から取材を受けた」と、14日に管主から薬師寺に辞任届が提出されたとのこと。

管主は「多くの方々の信頼を裏切り、ご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げます」とコメントしているという。管主の任期だった2019年8月までは、執事長が任務を代行するようだ。

 

■「煩悩に勝てなかったのか」

今回の報道に対しネットでは、「煩悩に勝てなかったのか」といった声があがっている。仏門に入った人物の女性問題ということもあり、世間からの評価はより厳しいようだ。

「煩悩を断ち切れなかったのか」

 

「有名なお寺の管主まで務めた人が、そんな人物だったとは。長年お勤めをしてきたからこその地位だったのに」

 

「聖職にありながら、おいくつになっても煩悩が消え去らないようで…。人を導くどころではありませんね」

次ページ
■「軽快なトーク」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ