いしだ壱成のツイッターに学ぶ「SNSに向いていない人」あるある

SNSの利用に向いていない人の特徴とは

スマホ
(pecaphoto77/iStock/Thinkstock)

こんにちは、元アイドルでコラムニストの小川満鈴(おがわみな)です。

先日、タレントのいしだ壱成さんが奥様とご自身に対するツイッター上でのコメントに対し、少々過激とも感じられるリプライを連続投稿しました。

その内容は大きな波紋を呼び、多くのネットニュースやテレビでも話題にされるまでになってしまいました。このいしださんの投稿に対しては賛否ありますが、「SNSをやるのに向いていないという意見も多く見られます。

 

■自分の評価に敏感な人がSNSと付き合うには

SNSは自分の情報を発信し、それに対しての評価を誰かからもらい、そして逆にその自分以外発信する情報に対しこちらもリアクションするもの

人間はSNSなどデジタルメディアでなくとも人を評価し、されることで日常が成り立っています。しかし、SNSにおいては基本的に相手の表情を直接見ることができず、また無記名の場合が多いため、心無いコメントが飛び交う場所でもあるのが現状です。

そういった場合、普段から自分の評価に敏感な人は、その心無いたった一つの小さなコメントで大きく心を良くも悪くも揺さぶられてしまいます。

 

■いしだ壱成さんの場合

いしだ壱成さんがツイッターにおいて一部の方々のコメントに激憤し、「死ぬよ」という言葉まで発してしまったことに対して、私はいしださん自身がSNSに向いていないタイプ、もしくはまだ慣れていないタイプなのかなと感じました。

一斉を風靡したタレントさんでもSNSというツールを通してしまうとこのような結果になってしまうことがあるんです。しかし、これがいしださんに対して目の前言葉同じことを投げかけたのだったら、いしださんの返答はきっと違ったものになっていたでしょう。

相手の姿がわからないという、ある種、人間が本能として暗闇に怯えるのと同じような未知の恐怖を感じてしまったからこそあのような返答をしてしまったのだと考えられます。

次ページ
■所詮はSNS、されどSNS

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ