デート中に乗った電車で「一席だけ空いていた時」に男性がした最低行動3選

座席がひとつしか空いていなかった時には女性を座らせてあげたほうが好印象になるだろう。

電車
(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

デート中に移動手段として乗った電車で一席だけ空いていたときに、一緒にいる女性に「座りなよ」と譲ってあげる男性は多いだろう。

しかし中には、ひとつの座席を巡ってありえない行動をして、女性をドン引きさせる人もいるようだ。

 

①「ふたりで立ってよう」と決める

「電車で一席だけしか空いていないのを見たら、『ふたりで座れないからいいよね。このまま立ってよう』と、言いだした男性。

 

私はヒールで足が痛かったし、一席しか空いてないからふたりで立つのではなく、『君が座っていいよ』と言ってほしかった…」(20代・女性)

 

②「疲れた!」と自分が真っ先に座る

「電車に乗るなり、一席だけ空いているのを見つけたら『あぁ〜疲れた』とドカッと自分だけ座った男性がいて目が点になりましたね。

 

『荷物を持とうか?』とは言われましたが…こういうときって女の子に席を譲ってくれる人がほとんどだったので、ビックリした」(20代・女性)

次ページ
③「座れないな」と前の人に聞こえるように呟く

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ