しらべぇ

10周年のセクシー女優・希崎ジェシカ DMMアワードは「恵比寿マスカッツ対決」も

初代恵比寿マスカッツとして活躍し、今年デビュー10周年を迎えた。

エンタメ オトナ

希崎ジェシカ

5月10日までウェブ投票が行われている、AV界の祭典『DMMアダルトアワード』。昨年デビューした中からトップ10がノミネートされている新人賞と、それ以外の全女優を対象にした最優秀女優賞に分かれている。

その中でもひと際目を引くのが、希崎ジェシカちゃんだ。なにせ今年はデビュー10周年、初代恵比寿マスカッツメンバーとして、深夜番組で活躍する姿を見たことがある人も少なくないだろう。

 

■ノミネートされたのは意外?

最優秀女優賞へのノミネートは数多くのセクシー女優の中でも、いわば「トップ10」を意味する。

希崎:最初聞いたときは、「えっ!? またまた〜」って冗談かと思ったのが素直な感想でした。

 

というのも、賞レースはほとんど経験がなくて、デビューしてすぐの2011年にスカパー! アダルト放送大賞でライブドア賞をいただいたのと、昨年、天海つばさちゃんとの共演作がAVOPENで賞をいただいたくらいで。

 

賞とかには縁がない女優人生だと思っていました。

 

■恵比寿マスカッツ「対決」も

希崎ジェシカ

セクシー女優の取材をしていると、デビューのきっかけとして「マスカッツでキラキラ輝いている女優さんに憧れて…」といった声をよく耳にする。

今回のDMMアワードは「初代マスカッツ vs 現マスカッツ」という奇跡の組み合わせも実現した。

希崎:ノミネートの中に、10年前に初代だった私と、現メンバー(恵比寿マスカッツ1.5)の羽咲みはるちゃんが入っているのを見ると、時の流れが不思議というか。キャリアでいうと、私がいちばん年上ですね(笑)。

 

今のマスカッツメンバーは大好きで、毎週番組を見てました。なんだか自分たちの頃のマスカッツとは別物に感じられて、同じ業界の子でもアイドルみたいな。私たちが出てた頃は、逆にそうだったのかなぁと思ったり。

 

■出演作は120本以上

希崎ジェシカ

10年のキャリアで出演した作品は、じつに120本を超える。

希崎:全部で120本くらい出演しているのですが、その中でもアイデアポケットさんの作品が先日撮影したものでちょうど100本目になるんです。

 

一時期は、100本を目指していたこともありますけど、自分でも忘れていて、「気づいたら」って感覚ですね。公式サイトを見ると歴代のパッケージがずらりと並んでいて、「いろんな作品で演じたなぁ」って感慨深いです。

 

長く活躍し続けられる秘訣についても聞いてみたところ…

希崎:デビューした頃からずっと、「細く長く活動したい」って話してきました。その頃、私より「頑張りたい!」って言っていた子が先に辞めてしまったこともありましたし、マイペースに楽しみながらやってきたのがよかったのかも。

 

もしデビュー当時の自分に今会えたら、「もっと気合い入れろ!」って言ってやりたいですけどね(笑)

 

■得意料理は西京焼き

希崎ジェシカ

体へのケアや自炊が増えたことも、活躍を支えているのかもしれない。

希崎:やっぱり、撮影の次の日に疲れが取れにくくなったといった変化はありますね。しっかり休むようにしたり、男優さんに勧められたアミノ酸を飲んだりしています。

 

あと、ここ何年か自炊を始めたら、体の調子がよくなりました。西京焼きをつくるのが好きで、レシピもいろいろ研究してます。最近は酒粕を入れてみたり、いい味醂を選んだり。

 

先日、CSの番組『みひなな食堂』(つくばテレビ)でもつくって、みひろちゃんと七海ななちゃんに食べてもらったんですけど、みっひーが「家でもジェシーレシピでつくってみたら、旦那さんも美味しいって食べてた」って言ってくれて、すごく嬉しかった。

 

ファンの方とのオフ会でも、つくって食べていただいたりしています。和食屋さんに弟子入りして、ちゃんと習いたいな、って思うくらい(笑)。

 

■犬を買いたいけれど…

希崎ジェシカ

オフの過ごし方についても聞いてみると、トップ女優としては意外な答えが…

希崎:西京焼きづくり以外の趣味がなくて、休みの日は家でテレビ見たり…「ぐうたら」という言葉がよく似合う生活です(笑)。

 

モルディブの写真集を買って、「いつかこういうところに行きたいなぁ」って妄想しながら、でもまだ今年はどこにも行けてないですね…。

 

ワンちゃんを飼いたくて、友達には「寂しいなら飼っちゃえば」って言われるんですけど、飼ったら絶対それで満足しちゃうので我慢しているんです。

 

ペットショップが徒歩圏内にあるので、よくひとりで子犬を見に行ってるんですけど、店員さんにはきっとヤバい人だと思われてるかも…。友達に話したら『aibo』も勧められましたが、それもまたヤバいですよね…。

 

もし私がワンちゃんを飼いだしたら、「ああ、悟りを開いたんだな」と思ってください(笑)。

 

■メモリアルイヤーは大事に過ごしたい

希崎ジェシカ

10周年のメモリアルイヤーにかける思いは熱い。また、話は自分の活動だけでなくAV業界にまで及んだ。

希崎:この1年は大事に過ごしたいですね。今年は、オフ会やイベントなども毎月やっています。今回のノミネートは、ファンの方も驚いていて、「さすがだな、レジェンド(AVOPEN受賞作のタイトルでもある)」なんていじってくれたり。

 

イベントでも、目の前で「今投票したよ!」って見せてくださるのも、ありがたいですね。

 

DMMアワードは「アダルトの祭典」と言われていますが、ファンの方にはぜひ5月19日の会場に足を運んで、好きな女優さんを直接応援していただきたいし、こういう本気度が伝わって業界が盛り上がってくれることを願っています。

 

恵比寿マスカッツも来るみたいだし、私自身もすごく楽しみ。

 

最後に、11年目以降の未来はどう考えているのだろうか。

希崎:ファンの方には、「そろそろ辞めちゃうんじゃないか」ってよく心配されます。仲良かった子たちもみんな引退しちゃってますし。でも限界までは頑張って、「体力の…限界…」って千代の富士関みたいなコメントを残したいな。

 

・合わせて読みたい→90センチ・Gカップのセクシー女優・桜空もも 「痩せやすさ対策」でしてるのは…

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/希崎ジェシカ

この記事の画像(11枚)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集