地上波NGの奇問 ベストセラー作家の経済評論家がつくる「地下クイズ問題集」とは

クイズサークル『クイズ夜会』が2冊目となる『地下クイズ問題集』を出版。

鈴木貴博

今、クイズが熱い。テレビでは、『東大王』(TBS系)や『Qさま!!』(テレビ朝日系)、さらに2回の特番が放送された『99人の壁』(フジテレビ系)など、クイズ番組が人気を集めている。

そんな華やかなクイズ番組を「表」とすれば、その裏側にきわめてディープな知力を戦わせる世界があるのをご存知だろうか。

 

■地上波では見られない「地下クイズ」

「かつて田代まさしが『ますます世間をお騒がせ』というキャッチコピーで出演していたのは何のCM?」

 

「現在のやくざの抗争では敵にヒットマンを送ることはまず行われません。代わって『車両特攻』がよく用いられるのですが、その理由は何?」

 

たとえばこんな問題に回答するのも至難だが、そもそも地上波のクイズ番組ではとても出題できないだろう。地下クイズとは、犯罪や薬物、オカルト、裏社会などに対するマニアックな知識を競い合う知的ゲームだ。

BSスカパー! のバラエティ番組『BAZOOKA!!!』では、これまでに6回「地下クイズ王決定戦」も行われている。ちなみに人気セクシー男優のしみけんは、この戦いで2度の優勝を飾った。

そんなカルトな知識を問う問題と答えが、問題集として発売される。著者は、社会人クイズサークル『クイズ夜会』メンバーで、ベストセラー『戦略思考トレーニング』の著者としても知られる経済評論家の鈴木貴博さんだ。

 

■コンサルタントとして経済の裏を知る

東大工学部を卒業した鈴木さんは、大手コンサルティングファームで社会人としてのキャリアをスタートした。

鈴木:大学卒業後、すぐにボストン・コンサルティングに入って、13年間「大企業の裏側」を見てきました。コンサルタントには、厳しい守秘義務があるので、喋れないことが山ほどあるのですが、一般的には見られないようなものを見て、若者時代を過ごしたんです。

 

そんなバックグラウンドから、ITベンチャーの執行役員として上場を果たし、経済評論家となった鈴木さん。「裏側にくわしいディープな経済評論家」を自称する。

次ページ
■『アタック25』優勝経験も

この記事の画像(5枚)

あなたにオススメ