「デビュー作より10倍くらいエロく」 新人セクシー女優・梨々花が語った理由は

「タガが外れたようにドM」を公言する新人セクシー女優がデビューする。

梨々花

その新人女優が目を輝かせて語ってくれたのは、ずっと大好きだったというAV監督のこと。彼女のデビュー作は、偶然にも大ファンだった彼に演出されることになる。

 

■カンパニー松尾の大ファン

梨々花

劇場版もつくられたナンパものの人気AVシリーズ『テレクラキャノンボール』でも知られる、レジェンド的なAV監督のカンパニー松尾氏。

エッチなものは全般的に好きで、AVを見るのも好きだったという梨々花ちゃんは、とくに彼の声が好きだと語る。

梨々花:いろんなAVを見ている中でカンパニーさんを見つけて。画面はあまり見ないで、声だけ聞いてることが多いです。声を聞きながらひとりエッチをしたり…。

 

『キャノンボール』シリーズに出てくる監督さんたちは、みなさん素敵な人だと思うので、もし街でナンパされたらついてっちゃいそう(笑)。

 

■下ネタを話さない理由は…

梨々花

初めて付き合った彼が20歳上だったため、かなり刺激的なことも教わって彼女の内面が開花した。

梨々花:私、本当にドMなんです。普段はまだ「常識のあるドM」で、恋愛では音楽とか料理とか好きな人の好みに合わせたり、尽くすタイプだと思います。亭主関白な男性が好きですね。でも、エッチのときは「タガが外れたドM」になってしまって…。

 

そういう自分の欲求とかは、友達とかには絶対言わないです。むしろ、「あんまりエロに興味がなさそう」って言われるんですけど、「私の本質を話したらひかれちゃうかな」と思って話さないようにしていました。

次ページ
■普通の男性では満足できない

この記事の画像(8枚)

あなたにオススメ