有吉弘行、女子大生と合体「最高の時間でした」 過激な下ネタにお茶の間には気まずさも

『有吉探検隊』でポールダンススタジオや保育士の女子寮に潜入した有吉弘行、千鳥・ノブ、三四郎・小宮、ロッチ・中岡のフェチが爆発!

有吉弘行(43)が探検隊の隊長として、男子禁制・女子の秘密の花園に潜入する人気番組『有吉探検隊』(テレビ朝日系)が21日深夜放送。

第3弾となる今回は、ポールダンススタジオと保育士の女子寮に潜入。有吉、隊員の千鳥・ノブ(38)、三四郎・小宮浩信(34)らのフェチが爆発し、視聴者の話題を集めている。

(画像はテレビ朝日宣伝部公式twitterからのスクリーンショット)

 

■女子大生と合体

「大人がいるから条例的な遠慮がない」「ワンチャンある」、ポールダンススタジオへ向かう車内で意気込む有吉。

ミッションをクリアしながらゴールを目指すのだが、まずは練習中のスタジオでポールダンス体験。「ポールを触っていいですか」と有吉が舐めるように顔を近づけると、ノブの「これはコレ(逮捕)」とツッコミが飛ぶ。

「リフトシット」や「エックス」などの技が披露され、通称「セックス」という技名が飛び出すと興奮が最高潮に達するメンバー。

有吉とロッチ・中岡創一(41)がそれに挑戦、見事成功したご褒美として「女性と合体(という技)をできる」ことになると、有吉は「キレイ」と賞賛する女子大生と合体、「最高の時間でした」と感想を述べた。

 

■女子寮でも大暴れ

ポールダンスを堪能した一同は、入居者の父親でも入れない「保育士の女子寮」に向かう。ここからは中岡に変わり、三四郎・小宮が参加する。

下駄箱や手書きの張り紙、至る所で興奮する有吉に「フェチが溢れている」と驚くノブ。

ミッションの「案内人の部屋を当てる」ため、3つの部屋を訪問。エプロンを試着、「パワースポット」のベッドに寝る、コロコロで掃除して毛を探すなど探索を楽しむが、あまりに過激な行動に「80年代の高田純次か」とノブが思わずツッコむ場面も。

洗面所で手を洗うと見せかけて「女子寮の水を飲む」、浴室で患部にお湯をこすりつけるなど、やりたい放題で女子寮探索を終えた。

次ページ
■視聴者も興奮

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ