しらべぇ

「ラブホ前で土下座ナンパ」をマツコ絶賛 「逆に清々しい、流行る気がする」

『5時に夢中!』で紹介された「ラブホ前、土下座ナンパ」をマツコ・デラックスが絶賛!

男女

男女の出会いの形のひとつ「ナンパ」。19日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で「ラブホテル前でのナンパ」記事を紹介したところ、マツコ・デラックス(45)が絶賛。視聴者にも反響が起きている。

ぱくたそ

((C)ぱくたそ)

 

■ラブホ前で土下座ナンパ

19歳の専門学生が別れた彼氏とのエピソードを語った東京スポーツの記事を、番組で紹介した。

ラブホ前を歩いていると、突然現れた男性が土下座しながら「一晩だけでいいので相手してください」と懇願。この男性を「面白い」と感じ行為を承諾、付き合うことになったものの、男性のナンパ癖は直らず別れに至ったという。

 

■マツコ「流行っちゃう」

この記事を受け、「街中でナンパするより遥かに成功率が高い」とマツコは語る。

その理由として「ラブホ前を何の躊躇もせずに一人で歩けてしまう女性って、奔放な割合が高い気がする。絶対的な数は少ないが、こういった男性を『面白い』と感じる女性である確率が高い」と持論を展開。

記事の女性を、「最終目的が性行為だけに、ナンパしている人に真剣な愛はない。付き合うのは(バカ)、純粋すぎる」とたしなめた上で、ナンパ方法に関しては「これは流行っちゃう気がする。逆に清々しい」と絶賛した。

 

■視聴者の反応は…

ナンパそのものに嫌悪感を持つ男女も多いものの、マツコの意見にも一理ある。視聴者もさまざまな感想を持ったようだ。

 

■15%の男女が「ナンパしたことがある」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,342名を対象に調査したところ、「ナンパをしたことがある」と回答した男女は14.8%。ただし、男女では大きな差が見られる。

大半はナンパ経験がないと明らかになったが、新たなナンパスタイル「ラブホ前土下座ナンパ」がマツコの言う通り流行るようなことがあれば、「ナンパに挑戦したい」人が増えるかもしれない。

・合わせて読みたい→「ペンギン見なかった?」「君はエンジェル!」 驚きのナンパ体験談

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,342名 (有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu