しらべぇ

TOKIO不在でも感動を産んだ『鉄腕DASH』代役のAD盛 予想外の頑張りに称賛の声

長崎県壱岐市をPRすべく「風で進む車」を造った長瀬と城島。その結末は…

エンタメ

18日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)は、先週に引き続き「ご当地PR課」を放送。その内容が「感動的」と話題だ。

 

■天候不良でTOKIOのスケジュールがつかず

前回の放送で長崎県の壱岐島を訪れ、「風で走る車」を造った城島茂と長瀬智也。ところがいざ走行という段階になると、肝心要の風が全く吹かなくなり、挑戦が困難に。結局、次の仕事のため帰ってしまう。

城島が急遽スケジュールの都合をつけ、多くの人々が待つ壱岐に再び訪れたのが、またもピタっと風が止んでしまい、帰京。その後強風となるが、今度は強すぎて船が欠航に。

結局TOKIOは全員が別の仕事が入り、車を走らせることができなくなってしまう。

 

 

■AD盛氏が挑戦することに

代役として風で走る車「春一号」に乗ることになったのが、番組ADの盛氏。ロケ車のドアが開くと「すいません、すいません」といいながら車へ。地元の人々は困惑したような表情を浮かべ、視聴者からも「ADかよ」という声が。

そんな声を敏感に感じているであろう盛氏は、「すいません」を連発しながら、春一号に乗り込み、挑戦スタート。18メートルの強風のなか、操縦に苦戦しながらも前進することに成功する。

さらに長崎県警壱岐警察署協力の下、通行止めしたという公道に。途中「城島くん?」声をかけられた盛ADは「すみません、すみません」と叫びながら、先へ進む。

 

■盛氏に温かい声援が

途中で風が止んでしまい、苦戦する盛氏に対し、島の人々がTOKIOではないのにもかかわらず、「頑張れ、頑張れ」と温かい声をかける。

TOKIOの『宙船』がBGMで流れるなか、必死にゴールに向かう。ところが「もう少し」というところで風が止まり、自力で進むもうとするも、止まってしまう。

ここで地元の海女さんたちが応援に訪れ、「押しちゃるけん」と力を貸す。そして最後は壱岐島のみなさんが「よいしょ、よいしょ」と声を掛けながら、自力でゴール。要した時間は、じつに約6時間だったという。

「盛くんの頑張りで泣けてきた」と協力者の男性が涙を見せ、女性が拍手を送るなか、6時間奮闘した盛ADが発した言葉は、謝辞でも自慢でもなく、「TOKIOじゃなくてすみません」という謝罪だった。

 

■ネット民から感動の声

盛ADの「頑張り」に、ネット民からは「感動した」「よく頑張った」など称賛の声が噴出。

 

■番組のピンチを救った盛氏

今回TOKIO不在ながら多くの人を感動させたのは、盛ADの真剣な姿勢。現場に立ち会った人のなかには、涙を見せた人もいたようだ。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,332名に「涙を流すタイミング」について調査したところ、ほぼ6割が「人前では泣かないようにしている」と回答。

人前で泣かないようにする人が多いなか、「TOKIOではない」というハンディを背負いながら多くの人に「感動の涙」を誘わせ、番組のピンチを救った盛AD。その頑張りに称賛の拍手を送りたい。

・合わせて読みたい→城島茂の謝罪に「皆で同じく一緒に米を育てる」 TOKIOと福島の人々との絆に感動

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治イラスト/ほうじちゃ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu