しらべぇ

「卵」と「玉子」って何が違うの? 意外と知らない食の雑学4選

あまり気にしていなかった言葉にも、大きな違いがあるよう。

グルメ

飲食店に入ると、「卵焼き」とメニューに書いているお店もあれば、「玉子焼き」のお店もある。とくに違いはなく、好きなほうを使ったらいい…と思っている人もいるのでは。

しかし、全ての言葉には、それぞれの意味があるのだ。意外と知られていない、食べ物に関する豆知識を4つ紹介しよう。

 

①「卵」と「玉子」

sirabee20180314tamagoyaki000

(runin/iStock/Thinkstock)

生物学的な意味をもつのが「卵」で、魚や虫などの卵はこちらの漢字を使う。それに対して、調理されたものや、食材に使用されるものは「玉子」とのこと。

しかし、「卵かけごはん」のような表記もあり、明確な基準は決まっていないそう。

 

②「和牛」と「国産牛」

sirabee20180314ushi000

(paylessimages/iStock/Thinkstock)

黒毛和牛・褐毛和牛・日本短角牛・無角和種の4種類と、その4種類の交雑種のみが「和牛」と呼ばれる。「国産牛」は和牛以外の日本で肥育された牛のこと。

ちなみに、外国産や輸入牛であっても、3ヶ月以上国内で肥育されると国産牛になる。

 

③「おにぎり」と「おむすび」

sirabee20180314onigiri000

(hungryworks/iStock/Thinkstock)

東日本では「おにぎり」、西日本では「おむすび」とされることが多いが、辞書に載っている意味としてはどちらも「にぎりめし」。

一般社団法人おにぎり協会によれば、地域や家庭、個人レベルの違いとのこと。

 

④「パスタ」と「スパゲッティ」

sirabee20180314pasuta000

(Fudio/iStock/Thinkstock)

「パスタ」は、小麦粉などの穀類の粉を練った麺や生地の総称のこと。ペンネ・マカロニ・ニョッキなどは、全て「パスタ」なのだ。

「スパゲティ」も、パスタの中の1種。ちなみに、直径が2mm前後の細い麺のことをいう。

 

■知識があると人に話したくなる?

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,365名を対象に、「知識や経験」について調査したところ、全体の18.4%の人が、「自分の知識や考えを人に話したくなる」と回答。

「これってどう違うのかな?」と疑問に思ったとしても、ちゃんと調べない人も多いはず。ちょっとした豆知識を身につけておいたら、何かで役立つもの。人と話すときの話題になったり、生活の知恵になったりすることもある。

紹介した雑学には、他に諸説があるものも多い。気になった人は、自分でも意味を調べてみては。

・合わせて読みたい→自己中心的な行動に困る…社会人としてのモラルが低い人をどう思う?

(文/しらべぇ編集部・鎌田 真悠子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年9月23日〜2016年9月26日
対象:全国20代〜60代の男女1,365名(有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu