しらべぇ

例年になく寒かった冬! でも「暖かく過ごす」工夫をした人は…

寒すぎた今年の冬。なるべく設定温度を下げて、暖房費を抑えて…と思っていても、なかなか難しかった?

ライフ

(karinsasaki/iStock/Thinkstock)

ようやく寒い冬を抜け、春らしい日が増えてきた。重いコートを脱いで、明るい色のスプリングコートを着始めた人も多いのでは。

 

■寒すぎた「今年の冬」

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,357名を対象に「今年の冬の寒さ」について調査したところ、「例年に比べて寒い」と感じている人は71.1%に。

寒さグラフ

7割以上の人が、ちょっと今年の寒さは異常じゃないか!? と思っているのだ。各地で雪の被害が起きるなど、ここ数年と比較してもつらい冬だったのは、共有認識のよう。

「ちょっと雪降りすぎでしょ。都内在住だけど、コンビニで雪かきスコップとか売るレベル」(50代・男性)

 

「今年はちょっと寒すぎました…。普段から冬は暖房代かかりますが、今年は例年より高くて、家計に響きますね」(30代・女性)

 

■「ウォームビズ」も、さすがに寒すぎて…

暖房時の室温を20℃で快適に過ごすライフスタイルである、ウォームビズ。しかし、今年の寒さはやはり厳しかったようで…。

20度前後で暖かく過ごす工夫をしていた人が半数を超えているのは、60代女性のみ。男性に至っては、全年代で3割前後にとどまっているのだ。

「今年は寒すぎて、節約しなきゃ! とか忘れて暖房かけてました。窓の工夫とか、来年に向けてちょっとやらないと、暖房代がやばい」(40代・女性)

 

それでも、工夫した人は少なくない。

「例えば上着を着たり、あったかい靴下を履いたり。できることから工夫したら室温は下げられるし、暖房代も安く済む」(60代・女性)

 

室温20度で過ごすのは、工夫が必要。「ちょっとでも暖房費を抑えたい、節約したい」主婦が中心となり、ウォームビズも広がっていくのかも。

寒すぎる! だから暖房の設定温度をあげて…となるのは、理解できる。しかし、地球のためにも家計のためにも、「暖かく過ごす工夫」をするのが大切だろう。

・合わせて読みたい→日本一の「こたつ県」は千葉!だったらミカン食うよね!?

(文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,358名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu