SOD広報担当の女子社員・望月りさがAVデビュー 「『マジかん』10万ユーザーが目標」

AVファンとして入社し、ゲーム『マジかん』の広報を担当している。

望月りさ

「美人なOLと社内であんなコト、こんなコト…」などと、妄想をめぐらせたことがある男性は少なくないだろう。そんな男たちの見果てぬ夢に応えるためか、SODではこれまでたびたび「女子社員」がAVデビューしている。

しらべぇ編集部は、入社4年目の広報担当社員で4月にAVデビューを決めた、望月りさちゃんを直撃した。

 

■市川まさみと同期入社

望月りさ

りさちゃんは、2014年4月にSODに入社した24歳。同期には、今やSODstarとして活躍する市川まさみちゃんがいる。翌年から、ゲーム担当の広報となり、イベントなどではこのようなコスプレ姿で仕事していた。

望月:SODに入ろうと思ったのは、「純粋にAVが好きだったから」なんです。大学2年だったのですが、「あと2年通うより、早く働きたいな」と思って、中退して入社しました。

 

まず最初に女優さんをツイッターで知って、最初はAVだとは気づかずにただ「かわいいな」と思っていたんです。

 

それから、恥ずかしいから彼氏や友達には内緒だったのですが、AVをよく見るようになって。もちろんエッチな目でも見てましたけど、一番興味深かったのは、女優さんが作品ごとに全然違う顔をしているのがすごいな、と。

 

好きな作品や女優さんが気になって調べてみたらSODにたどり着いたんですね。でも、自分が女優になる気はまったくなくて、「宣伝をやってみたいな」と思って面接に行きました。

 

■ゲームには興味がなかったが…

望月りさ

希望していたのは、もともと好きだったセクシー女優の広報や宣伝。しかし、それらを1年半担当した後、ゲームの広報担当になった当初は、戸惑いもあったという。

望月:女優さんが好きでAVを知りましたし、想像していた仕事も女優さんの広報だったので、ゲームは全然くわしくなくて…。最初は戸惑いもありましたが、今はすごくやりがいを感じています。

 

『マジックミラー号のAV監督になろう!』というゲームが、2月14日に出たのですが、発売が近づくにつれて、「イベントでも紹介してきた望月りさがもっと目立てば、ゲームのユーザーさんが増えるかも」と思って。

 

入社2年目で、同期のいっちー(市川まさみ)がデビューしていたし、じつは今までも、プロデューサーや先輩に「出演してみれば?」って言われたことはあったんです。だけど、いっちーみたいに綺麗な人が身近にいると、「私なんかじゃとても…」という考えてしまって。

 

でもゲームの広報になる今回の企画であれば…と思って、挑戦してみることにしました。

次ページ
■「望月りさ」きっかけでゲームを知ってほしい

この記事の画像(9枚)

あなたにオススメ