しらべぇ

『久保田』を産んだ長岡・朝日酒造 ファンとの絆を深め日本酒の新たなシーンをつくる

『久保田』『朝日山』などを醸す長岡の朝日酒造。伝統を守りながらの新しい挑戦に迫る。

グルメ 地域

朝日酒造

「朝日酒造」という名前を聞いてピンと来なくても、『久保田』という日本酒を知らない酒飲みは、かなり少ないだろう。

「千寿」「萬寿」など「寿」がつくサブネームでも知られ、新潟の淡麗辛口を代表する銘柄のひとつだ。

今回は、「『久保田』以前」「『久保田』の誕生と歩み」「未来へ向けた取り組み」の時系列を念頭に、広報課長の川嶋勉さんに話を聞いた。

 

■江戸時代後期に「久保田屋」として創業

長岡市朝日にある朝日酒蔵。その創業は200年近く前にさかのぼる。

川嶋:「久保田屋」という屋号で酒づくりを始めたのは、天保の改革でも知られる天保元年、1830年です。「天保の飢饉」という歴史をお聞き及びの方もいらっしゃるかもしれません。

 

当時は米が大変貴重だった時代で、酒米を集めるのも本当に苦労したと聞いております。しかし、「そんな状況にあっても、酒づくりを生業にして頑張っていくんだ」という先人たちの思いがあったのだと想像します。

 

今も主力銘柄のひとつである『朝日山』を発売したのは、明治時代でした。それまでは、「久保田屋の酒」と呼ばれておりましたが、蔵がある地名「朝日」からとり、日本酒らしい「山」を加えて名前にしたそうです。

 

その後、大正時代の1920年に株式会社として朝日酒造が創立された。

 

■4代目社長の決断と「東京X」

朝日酒造

『久保田』を始めとする朝日酒造の酒は、新潟清酒らしい淡麗辛口が特徴。しかしそれは、『久保田』が誕生してからの変化だという。

川嶋:『久保田』の発売は1985年なのですが、それまでは『朝日山』も濃醇な旨口の酒でした。その時代は力仕事も多く、そうした働き方に合った食事、さらにそれに合わせたお酒ということで、甘めのしっかり飲みごたえがある酒づくりを行っていました。

 

4代目の平澤亨が社長に就任した頃、新潟醸造試験場の元場長だった嶋悌司さんを工場長として招聘して、酒づくりをガラッと変えたんです。

 

ちょうど、世の中がブルーカラーからホワイトカラー中心に変わっていく時代で、働き方が変わり、食生活に合った淡麗な辛口を目指そうということになりました。

 

それまで新潟県内が主だった販路も「東京を目指そう!」ということで、社内的には「東京X」というコードネームで開発された酒が、『久保田』になります。

 

久保田屋から地域の名にちなんで朝日酒造に、そして大きな挑戦を担った酒は、創業時の屋号にちなんで『久保田』と名付けられた。

 

■土地に根ざした酒こそが地酒

朝日酒造

蔵に新しい血が入り、酒づくりを大きく方向転換する一方で、変えずに守り続けてきたものもあるという。

川嶋:「土地に根ざしたお酒こそが、地酒」という考え方は、まったく変えていません。『久保田』が東京を目指したプロジェクトだったとしても、まず地元の人に愛されることが大切です。

 

そのためには、この土地のお米で、この土地の水で、この土地の人たちが醸すこと。「地域とともに」という考え方は、今に至るまで息づいています。

 

仕込み水は、魚沼礫層から湧き出る伏流水。淡麗できれいな酒をつくるのに適した軟水だ。酒米は、鑑評会への出品酒を含めて、すべて新潟県産米を使用している。

川嶋:酒造好適米として主に使っているのは五百万石、高級銘柄に関しては最近は越淡麗を使っています。今では、契約栽培米の比率が5割を超えました。

 

また、1990年には農業生産法人としてあさひ農研を設立し、稲の育て方を研究しています。品質のいい米を育てて、その作り方を契約農家さんにフィードバックしているのです。

 

米の品質は、育て方によって大きく変わるという。米粒の大きさやタンパク質の含有量(低いほうが酒米向き)などを研究し、酒づくりにとって無駄な部分が少ない高品質な米をつくれるよう、契約農家との協力関係を築いている。

 

■徹底した温度管理で品質を守る

朝日酒造

長岡駅から車で向かうと、田んぼの真ん中に突如現れる近代的な建物が、朝日酒造だ。屋根などに和の雰囲気を残しつつも、コンクリート打ちっぱなしのデザイン。そこにも、銘酒『久保田』を背負う酒蔵ならではの思いがある。

川嶋:建物や設備は近代的ですが、それはあくまでも手段であって目的ではありません。昔ながらの酒づくりを忠実に励み、酒づくりの基本、王道を守りつつ、今できる最善のこととしての設備を用意しています。

 

たとえば、できたお酒を熟成させるための貯蔵棟という建物があるんですけれども、建物全体で温度管理をしつつ、さらにその中にある1本1本の貯蔵タンクも、それぞれの銘柄に合わせて温度を管理しています。

 

■日本酒がある「新たなシーン」を

朝日酒造

銘酒『久保田』も、すでにロングセラーブランド。ファン層拡大のために取り組んでいるのは、「日本酒がある新しいシーン」の開拓だ。

川嶋:『久保田』が生まれて33年になり、30年前に飲まれていた方はだんだんお酒から離れられたり、若い方にとっては、「お父さんが飲んでいたお酒だよね」など少し敷居が高く感じられることもあるかもしれません。

 

そこで、若い世代の方にも興味を持っていただくための活動もしております。30周年記念の際には、表参道ヒルズで体験イベントを開催しました。また、東京・銀座に開店した飲食店『久保田』では、味わう温度帯によって日本酒の風味や香りが大きく変わることを体験していただいています。

 

昨年秋には、地元新潟発のアウトドアブランド『スノーピーク』さんとのコラボで、アウトドアで楽しんでいただくための日本酒『久保田 雪峰(せっぽう)』を発売しました。

 

「アウトドアで日本酒なんて大丈夫なのか」という声もありましたが、実際にスノーピークさんのキャンプ場に行くと、「ポン!」とシャンパンを抜く音がするんですね。みなさん、お酒にも料理にもこだわって上質な時間を過ごされていた。その場と時間は、新しい日本酒体験になりうるのではないかと考えた次第です。

 

「品質第一で、酒づくりの正道を歩む」ということは、昔からずっと言い続けており変わりません。その上で、新しい美味しさ、日本酒のあるシーンをお届けするのが、私たちが今あるべき姿だと考えています。

 

■拡げるだけでなく深める絆

朝日酒造

新しいシーンの提案を拡げるだけでなく、ファンとの絆を深める施策にも余念がない。

川嶋:昨年7月には、弊社のエントランスホールで「原酒100本の利き酒会」を開きました。このイベントは3回目になりますが、酒づくりを行っていない夏場に酒蔵でのイベントはちょっと珍しく、普段は飲むことができない原酒が100本ずらっと並ぶのは、お酒好きの方にはたまらない機会だったようです。

 

現在、年間約2万人の方が、蔵見学にいらっしゃっています。見学の後に利き酒をしていただくのですが、知っていただく以上に「一度口にしていただく」ということが大切です。

 

さらに深くお酒について知りたい人のために、一般向けの「塾」も開講している。

川嶋:『あさひ日本酒塾』は、2017年で18期目になります。10月から3月まで4回の講義や体験の場があり、お酒の効能について栄養学の先生の講義があったり、海外の日本酒事情を学んだりされています。こちらは、若い参加者の方が多いですね。

 

また、卒塾されたOBの方による『千楽の会』という組織もあります。こちらでは、春の田植え、夏は田の草取り、秋は稲刈りなど、米づくり・酒づくりを一貫して体験していただいています。

 

何よりもその方々が、「こんな体験をしてきたよ」と伝えて拡げてくださるのが、ありがたいですね。

 

■ストーリーが残るお酒を

朝日酒造

『久保田』ブランドには、これまですべての商品に「◯寿」とつけられていたが、昨年、それがつかない『久保田 純米大吟醸』を発売した。

川嶋:『久保田 純米大吟醸』は、「香る、久保田」とうたっていますが、華やかな香りが立つように醸造し、初めての方にもわかりやすい美味しさを目指したものです。

 

これからも、こうしたわかりやすい商品をつくり、お一人おひとりに「あの時には、この『久保田』があったよね」といったストーリーが残るようなお酒でありたいと願っています。

 

最後に、蔵おすすめのお酒を紹介しよう。

 

①『久保田 萬寿』

久保田

香り味ともに、蔵人が絶妙に仕上げた「久保田シリーズ」の最高峰の純米大吟醸。柔らかな口当たりと調和のとれた旨みで、存在感を主張する(写真中央)。

 

②『久保田 純米大吟醸』

「日本酒がはじめての方にも、ひと口目で実感できる美味しさ」がコンセプト。新潟名産でもある洋梨ル・レクチェやメロンを思わせる華やかな香りと、甘味と酸味が調和した上質な仕上がり。

久保田らしい滑らかな「キレの良さ」を併せ持つ純米大吟醸(写真右)。

 

③『朝日山 純米吟醸』

透き通った穏やかな香りで、口に含むと爽やかな旨みを感じる純米吟醸。『朝日山』は明治時代から続く息の長い商品だが、純米吟醸は発売3年目。

ロゴデザインも一新し、ひと目で「朝日山」と読みやすい形になっている(写真左)。

・合わせて読みたい→あの銘酒「久保田」が銀座に直営レストランを開店!絶品日本酒と新潟の名産が東京でも

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu