しらべぇ

「叫びすぎて救助された」 三四郎・小宮がトイレで叫んだ理由が独特すぎる

『踊るさんま御殿』で三四郎・小宮浩信がトイレでのエピソードを告白!

エンタメ

27日放送『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、三四郎・小宮浩信(34)が「トイレで『あーあー』と叫んだ」エピソードを告白。その理由と結末に視聴者がザワついている。

 

■ノットインテリ芸人・小宮

この日は、京都大学や東京大学出身のインテリ芸能人と、おバカなノットインテリ芸能人が集合。それぞれの珍エピソードを明かす。

ノットインテリで登場した出川哲郎(54)が「干支を『メェ(羊)、ウシ、トラ…』と勘違いしていた」ことを明かすと、小宮も「ウマ以降が略されてなくて、自力なのがしんどい」と賛同し場を盛り上げた。

 

■トイレで大声を出した理由

「辛いものが好きだが腹が弱い」小宮。腹を下しトイレに入ったが「(排泄時の音をごまかす)音姫がなかった」ため困惑しながらも、どうしても恥ずかしかったので「あーあーあー」と大声を出して用を足す。

すると、ドンドンと激しくドアを叩かれ、「大丈夫ですか?」と声を掛けられ警備員により救護室まで運ばれる事態に。「健康なのに救護室で寝る羽目になって、自分が嫌になった」と当時を振り返った。

 

■「神様いない」愚痴るも賞賛の声

さらに「自分の名前もちゃんと言えないほど滑舌が悪い。顔もあんま良くない、神様いないよ」と最後まで恨み節だった小宮。

とはいっても、この日のトークは芸人として高く評価されたようで、視聴者は賞賛している。

 

■6割以上が「コンプレックスを感じがち」

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,354名を対象に調査したところ、6割以上が「コンプレックスを感じがち」と回答した。

多かれ少なかれ、人には「コンプレックス」がありがちだ。小宮は目に見えた、分かりやすいコンプレックスが多いのかもしれないが、その中には他人から見れば「長所」に映るものもあるだろう。

特に芸人であれば「短所」は武器になる。小宮は芸人として「最強の武器」を持っているのかもしれない。

・合わせて読みたい→三四郎・小宮、ファンに手を出して恋人を奪う 「バレちゃうもんですね」と笑顔

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1354名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu