しらべぇ

本家超えのラーメン二郎インスパイア店はあるのか? 調査11回目『ザ・ラーメンスモールアックス』

パーフェクトアブラプルプル汁がすごい

グルメ

他を寄せ付けない圧倒的なスケール感がある「ラーメン二郎」。個性の塊だったはずだが、常連ともなれば、それが普通になるもの。

もっともっとどん欲にラーメンを突き詰めるなら、二郎インスパイアへの訪問も欠かせない。

 

■極狭の店内

大井町駅すぐ横にある飲食店街。そのほとんどが、夜オープンするバーや居酒屋であり、昼時に訪れてもあまりにぎわいはない。

その中で、いち早くお昼の11時半からオープンするザ・ラーメンスモールアックス。店内はとても狭く、厨房を含めて江戸間で6畳ほど。カウンター7席を完備しており、オープンして10分ほどで満席。

ほとんど身動きが取れない状態だ。ラーメン小(700円・税込み)を注文し、無料トッピングの野菜、カラメ、ニンニク、アブラを追加。マシマシの場合はプラス100円必要なので注意しよう。

着丼したラーメンは、背脂の塊がゴロゴロとしている、並の二郎マニアではノックアウトされてしまうほどのクレイジーな見た目。

 

■具材が主張

計量してみると2,045gとノーマルの水準。

ダイエットをしているわけではないが、この背脂の量には一瞬躊躇してしまう。

ヘルシーさを求めて野菜を突くが、いかんせんニンニク、背脂がジャンキーさを演出。

麺は、加水率高めでヤワなデロ麺。ズドドっと音を立てながら麺をすすると、小麦の風味がほのかに感じられる。すでにスープを吸っているので、これ以上麺が伸びることはないのがメリット。

豚は小ぶりだが、プルとパサが絶妙な塩梅で神豚の域。落ち着いた味付けで、飲み込んだ瞬間から、体に浸透していくのを感じるほど。

 

PAPP(パーフェクトアブラプルプル)汁

そして注目してもらいたいのは、背脂が浮かぶスープ。豚が溶け込んだコクのあるうま味に、醤油がバランスを整えている。そこに、実体化した背脂が加わることによって、爆発的に味が向上。

体に悪いと分かっているのだが、完飲してしまいそうになるほど中毒性がある。まさに、パーフェクトアブラプルプル汁。素直にウマ汁だ。

完食後、再計量すると1214.5gであったため、具材重量は830.5gと少なめ。

 

■評価

今回の評価は

・二郎度 ★★★★

・量 830.5g

・総合 ★★★

5点満点

 

総合的にジロリアン好みのラーメンであったが、具材重量が1キロ以下と今までの調査の中では少ない部類。量が多く、満腹度も高ければ、確実に上位は狙えるだろう。

【ザ・ラーメンスモールアックス】

場所:東京都品川区東大井5-3-5

定休日:土日、祝日

 

■インスパイア味ランキングTOP10(暫定)

1位:八王子野猿街道店2(本家)

2位:らうめん さぶ郎

3位:らーめん 526

4 位:凛 渋谷店

5位:ポークヌードル内藤

6位:眞久中

7位:ちばから

8位:ザ・ラーメンスモールアックス

9位:バリ男 新橋本店 

10位:肉汁らーめん 公

・合わせて読みたい→本家超えのラーメン二郎インスパイア店はあるのか? 調査13回目『らーめん影武者』

(取材・文/しらべぇ編集部・ふふふふ

この記事の画像(11枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu