Instagramまでおじさん化している? 中年男性が利用し始める理由とは

Instagramと言えば、若い女性がメインユーザーと言われているが…

(©ぱくたそ)

SNSのなかでも、Facebookには中高年ユーザーが増加傾向にあるといわれる中、Instagramは20代・30代女性がメインのユーザー層とされている。

ただInstagramユーザーに話を聞いてみると、フォロワーや「いいね!」を押す人におじさんが増えてきているようだ。

なぜ若い女性がメインユーザーのInstaramにまで、中年男性ユーザーが増えてきているのだろうか。

しらべぇ取材班では、その実態を調査した。

 

■若い世代の人と気軽に交流が楽しめる

「Facebookで友だちになっている若い女性には『いいね!』はまだしも、コメントはさすがにしにくいです。

 

ただ、Instagramの場合、ハッシュタグ繋がりで同じお店やイベントへ行ったり、同じ趣味をしたりする人へのコメントはしやすいです。別に下心があるとかではなく、同じ志向の方とコミュニケーション取りたいだけですし、自分の好きなことが、若い世代にもウケていることが多いからです」(30代・男性)

 

 

■仕事関係者と繋がらなくていいので気楽

「FBやLINEは仕事関係で繋がっている人が多いこともあり、遊びに行った先などプライベートな投稿はなかなかしにくいのが現実です。同僚だけならまだしも、取引先や役員とも繋がってますからね。

 

 

Instagramまでは、さすがに仕事関係者でも仲の良い人だけなので、個人的なことも投稿しやすいです。『そんなに気を遣うなら、SNSやらなければいいじゃん』とも言われますが、共通の話題で気軽に交流できるのは楽しいものです」(40代・男性)

 

 

■スイーツや旅行など、趣味の世界に浸れる

「おじさんと言われる年齢ですが、スポーツジムやスイーツ、動物など、割と女性が好む趣味を持っています。

 

 

他のSNSですと、おやじが入ってきた呼ばわりですが、Instagramはプロフィールに年齢まで入れないので、自由気ままに趣味の世界に浸ることができます。特にスポーツジムは日々投稿することで、励みになりますからね」(40代・男性)

 

中年男性層も使い始めているInstagram。本名を明かさず、自分が好きなことを同じ趣向の人と楽しめる点が、人気の理由のようだ。

・合わせて読みたい→SNS疲れの原因か? 半数以上がすべての返信にコメント

(文/しらべぇ編集部・松岡 佑季

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ