しらべぇ

『バイプレイヤーズ』大杉さんシンクロするセリフに涙 「最後まで」の祈り

大杉漣さん急逝の報に「#バイプレイヤーズ」のTLは…

エンタメ

21日午前3時53分、名バイプレイヤー・大杉漣さんが急性心不全で死去した。

『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(以下、『バイプレイヤーズ』)の第3話放送直前に流れた悲報に、多くのファンがその早すぎる死を悼んだ。

本ドラマの放送開始に先がけて行なわれた会見では、まだ13歳なのに「しっかりしている」と共演の本田望結を褒め、「66歳なのにブレブレで」と自虐しながら報道陣を笑わせた。

前回、第2話の「バイプレトーク」では「自分がほらもう、今66歳になっているんですけど…もうそろそろ、俺も子役だなって」と言う大杉さんに、松重豊が「赤ちゃん返りってことですか?」と返し、田口トモロヲが「一回転して」と笑顔で合いの手を入れる。

そんな楽しい雰囲気の中で、大杉さんの口にする年齢が、67、68、69…ずっと重なっていくことを――少なくともこんなに早く、そのカウントが止まるなんてことはないと、誰もが思っていた。

■いつも通り楽しむのが…

既報の通り、『バイプレイヤーズ』第3話は夜9時54分より予定通り放送された。

「#バイプレイヤーズ」のTLは、放送開始前から多くの人がコメントを連ねると共に、悲しみを分かち合おうとするかのように、いつもより早めにリアタイ待機に集う人が少なくなかった。

放送が始まると、その死を「信じられない」という声が数多く上がる。

そして、こんな声も。

 

今回のレビューはもちろん、「いつも通り」のおもしろいだけのレビューではない。しかし、きっと大杉さんはみんなに最期まで、「役者・大杉漣」として楽しんでほしかったはずだ。

だから「いつも通り」のドラマレビューをするように、ファンがこの放送を楽しんだ様子を届けたいし、この記事の中では生前の「役者・大杉漣」を書くために、以下、故人に対して使う敬称を省くことをご容赦願いたい。

 

■男バイプレイヤーと女バイプレイヤー

(画像提供:(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会)

まずは、第3話のあらすじを見てみると

おじさんだらけの島ハウスに女バイプレイヤーがやってきた!
撮影現場で、板谷由夏は吉田羊との共演シーンに悩んでいた。仲の良い田口に相談しようとするが高熱で寝込んでいるのを知り、島ハウスへお見舞いに行くことに。

 

板谷の訪問に一喜一憂する5人だったが、そこで発覚したのは板谷と吉田の意外な確執だった…そんな中、島おじさん役が1人欠けたため、プロデューサーは女バイプレイヤーのシーンを増やすことを決める。役を奪われた5人の結末とは?

 

大杉の死という悲報に、「観ているけど、悲しくて、頭に入ってこない」という人も少なくなかったが…。

 

■泣き笑いのTL

(画像提供:(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会)

本編が始まるとすぐ、朝ドラ『しまっこさん』が展開。ヒロイン・花崎志麻子(本田望結)の母・礼子(吉田羊)と対立する婦人会会長・鰐口房子役の板谷由夏が、遠藤憲一演じる島ママに、水晶の前で占ってもらっているシーンで、絵面的に絶対に笑ってしまうシーンだ。

また、今回は田口トモロヲがナレーションを担当したことで、いちいちNHK「プロジェクトX」風になるのもおかしみを増す。

そんな流れの中で、泣き笑いする人たちが続出した。

 

■シンクロしすぎるセリフに

(画像提供:(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会)

今回の放送分が撮影された時には、もちろん大杉は元気だった。こんなことが起きるなんて、本人はもちろん、誰も予想できなかったはずなのに、数々のセリフがシンクロしていた。

ファンはまず、いつも何気なく聴いていたオープニング曲の10-FEET「Fin」の歌詞に、胸を衝かれる。

大杉が逝ってしまったのが、「朝が来る」前の時間だったから余計に。

 

そして、シークレットゲストで島爺役になる平泉成が大杉と遭遇し、ぶっつけ本番の芝居に突入。そこで島ハウスにあるドラム缶風呂に入りたいとねだった平泉が、その後、島ハウスを訪れるが、そこにいたのは39℃の高熱で寝ている田口を除き、遠藤と松重豊、光石研の3人で、大杉は不在だった。

平泉は「じゃあ、漣さん帰るまで、お風呂入って待ってる」と言う。

 

さらに「漣さんどこ行ったんだろうね。ホントに」と、平泉のセリフが畳みかける。

 

 

平泉を帰した遠藤たちが、夜になってから島ハウスを訪れた板谷を嬉し気に迎えていた頃、大杉は本田の声掛けで、島マダム――戸田菜穂、峯村リエ、ふせえり、馬渕英里何、大島蓉子と一緒に、食事をしていた。

島マダムたちに代役として出てもらったことを謝り、田口以外の4人の島おじさんで演じる可能性もあったことを指摘されると、大杉はこう言うのだ。

「ほら、島おじさんってね。5人が揃って初めて、その、島おじさんだから。一人でも欠けたくないって。だってほら、俺たち、仲間だからさ」

 

 

■カラオケで「Forever Young」も

(画像提供:(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会)

板谷と遠藤、松重、光石が楽しく盛り上がる中、田口の熱はさらに上がって41℃に。命の危険を感じた田口は、大杉にLINEを打ちながら「漣さん、早く帰ってきて」と言う。

 

だがその頃、大杉は島マダムたちとカラオケで、竹原ピストルの「Forever Young」――前作のエンディング曲を熱唱していた。

 

翌日、飲み過ぎた島マダムたちも「フラフラしすぎ」になっていたが、ホテルの部屋で平泉に「いつまで寝てんの? いいからさ、起きなさい」と起こされる大杉。

 

島ハウスに帰ってきた大杉を交え、翌日からの撮影について田口を除く4人が気勢を上げていると、吉田が登場。

(画像提供:(C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会)

遠藤たちが前日に板谷についた「優しい嘘」を吉田にも繰り出し、盛り上がっているところで島マダムたち、さらには板谷も現れて、あわや修羅場に…。

しかし、かわいいオッサンたちは素直に謝り、みんなで楽しい宴会に突入。その中に流れた、田口のこんなナレーションにも、グッときた人は多い。

「役者は、いつだって全力だ。調子の良い時も悪い時も、自分の演じる役柄について、考えて、考えて、考え抜く。それ故に、悩みは多岐にわたり、時には他人に理解されず、一人苦しむことだってある。

 

そんな時、悩みを分かち合うことができるのも、同じ役者同士なのかもしれない。だから僕らは相手を気遣い、時にバカ騒ぎをすることもある。全ては、芝居のために」

 

 

■「バイプレトーク」まで

本編が終わると、いつも通り「バイプレトーク」に突入する。

今回は、島ハウスでの宴会メンバーそのまま、舞台のために撮影にいなかった田口を除き、遠藤、大杉、松重、光石に加えて、板谷、吉田、戸田、峯村、ふせ、馬渕、大島の女優陣も参加する豪華拡大バージョンの中、大杉がトークを回す。

松重が水を向け、バイプレイヤーズのメンバー同様に、島マダムたちもグループLINEを作って交流している話題になると、なぜかそのグループに一人だけ「島おじさん」の大杉が入っていると、戸田や峯村がツッコミを入れる。

すると大杉が、本編で遠藤らから既読スルーされたせいだと主張して、「悪いけど、バイプレイヤーズのほうやめるから。退会します」と言い、それをみんなで笑っているシーンでコーナーは幕を閉じた。

 

■「最後まで観たい」祈りの声

報道によると、撮影後の食事の際に不調を訴え、松重ら関係者に付き添われて救急病院へ。そのまま共演者らドラマ関係者、家族に看取られたという。

『バイプレイヤーズ』のリーダーだった大杉が、みんなに見守られて旅立ったことに、慰められる気持ちになった人も多い。

また、日本の映画やドラマに欠かすことのできない名バイプレイヤーとして、数多くの役をこなしてきた中で、最期に演じていた役が「大杉漣役」だったことに、深く感じ入るコメントも目立つ。

 

それと共に、未定となっている『バイプレイヤーズ』残りの第4話、第5話について、放送を切望する声があふれている。

一方で、共演者や関係者の気持ちを思い、複雑な心境を抱える人も見受けられた。

 

大杉はもちろん、主演の5人は多くの作品に出演する人気俳優であり、とくに今回の撮影はギリギリの進行。

「誰かがインフルエンザになったら、終わり」と、会見で笑い交じりに言い合っていたほどのスケジュールで、放送が始まってからも綱渡り状態という情報は入っていた。そのため、現時点で全ての撮影が終わっていない可能性は高いと考えられる。

しかし、22日午前6時現在の時点で、公式からの続報はないが、共演者・スタッフ共にリーダー・大杉の想いを汲むべく、最良の形に向けて努力していることは間違いないだろう。

 

本作『バイプレイヤーズ』のオープニング映像は、前作に引き続き大杉のアイデア「海から出てきたらどう?」からできている。

再び、海から私たちの前に出て来てくれることを祈りながら、第1話でのセリフを紹介したい。

美術スタッフが作成した架空の地図を渡されたために5人は遭難し、音信不通のまま代役が立てられたシーンで、ジャスミン(北香那)は言った。

「大杉、死んでない! みんなの心の中にいるよ」

 

《これまでに配信した『バイプレイヤーズ』に関する記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→オッサンたち自由すぎでママ・松重の受難 ピンチ乗り越えた脚本を絶賛も

(文/しらべぇ編集部・くはたみほ

この記事の画像(6枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu