南極最高峰「ヴィンソン・マシフ」登頂に成功 イモトアヤコとイッテQ登山部の偉業に感動

イモト率いる「イッテQ! 登山部」が南極ヴィンソン・マシフの登頂に成功!

エンタメ

2018/02/19 06:00

イモトアヤコ
(画像はInstagramのスクリーンショット)

18日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、イモトアヤコ率いる「イッテQ! 登山部」が、南極最高峰の山、ヴィンソン・マシフの登頂に成功。

その偉業に感動の声が集まっている。

 

■アクシデントがイモトを襲う

「イッテQ! 登山部」が挑むヴィンソン・マシフの山頂は、標高4,892メートル、片道27キロ、往復50キロ以上というタフな道のり。

クリスマスと正月を返上し、登頂に挑んだイモトだが、思わぬアクシデントに襲われる。寒さの影響で、風邪を引いてしまったのだ。

その症状は深刻で、熱は37度2分。さらに鼻水と悪寒が襲い、体調は最悪。しかも点滴が凍ってしまうため、薬による回復を待つしかなくなってしまう。

スタッフはイモトに休息をとり、風邪を治してからの登頂を勧めるが、「一日では治らないから行く」と拒否。朝になり熱は下がったため、先を急ぐことに。

 

■さらなるトラブルが…

雪道を7時間ほぼ休みなしで歩き、テントで眠っていた一行にさらなる試練が。突如台風並みの突風が吹き荒れたのだ。

恐ろしい強さの風はテントを襲い、丸一日外に出ることができなくなる。ようやく風が止み、外を確認すると、10個中8個のテントが崩壊していた。

結局6時間を要し、修理に成功。しかし、丸2日を無駄にしてしまったため、スケジュールがピンチ。天候の見通しが悪いため、余裕がないという。

そこで一行は苦肉の策として、「高所順応」と荷揚げを行わないことを決意。1日で登り、下山することを選択する。

次ページ
■石崎Dのダウンにイモトが奮起

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ