しらべぇ

本家超えのラーメン二郎インスパイア店はあるのか? 調査9回目『肉汁らーめん 』

しょうゆの効いたスープが決め手!

グルメ

ラーメン二郎のスープは店によって味が違ったりする。また同じ店であっても、行くタイミングで全く違う一面を見せてくれることだってある。

もしかしたら、二郎インスパイア店のほうが味にブレが少なく、安定した美味しさを提供してくれるケースもあるのではないだろうか? 今回も二郎を超えるインスパイア店を探し求めて調査を実施。

 

■ジロリアンは中を注文せよ

品川駅より2駅隣にある京急新馬場駅から、徒歩6分。大通り沿いにある肉汁らーめん 公は、テーブル席とカウンター席を備え、店内も大きく広い。

基本メニューはらーめん小、中と麺の量で料金が変わるようだ。二郎では、小でも通常サイズの2倍ほど麺の量があるらしいのだが、ここでの小は一般的な小サイズ。

「ジロリアンは中を頼むといい」と店員が教えてくれたので、らーめん中(750円・税込み)を注文した。

無料トッピングは、にんにく、野菜、あぶら、濃いめの4種類。もちろんドヤ顔で全マシマシのトッピング。

ファーストロットで着丼したラーメンは、もやしがこんもりと盛られており、凛々しいお姿。

 

■クタ野菜の完成度が高い

計量してみると、2,477g(器あり)とインスパイアとしては優秀な重量。

スープは濃い目で注文しているため、しょうゆがガツンと味わえるワイルドな味。香りも強いため、すするたびに風味が残る。通常のスープであれば、もっとマイルドだそうだ。

野菜はクタ系で重たいが、もやしがスープをしっかり吸っているので、そのままでも美味しくいただける。さらに、もやしに背脂を絡ませれば、圧倒的中毒性。

 

■G系初心者でも安心

豚は、プルよりはパサ感のほうが強めだが、歯ごたえがあり肉感は十分! 程よく味つけされていたので、ペロリと食べてしまったが、もう少し口の中で遊んでいたかった。

麺は、中太ストレート麺で、ベストな茹で加減。最初は少しワシワシとした食感が残るが、後半はスープを吸って、ちょうどよい硬さ。

完食後計量してみると1,381gであったため、具材重量は1,096gとギリギリ1キロを超えた。二郎の基本的要素が詰まった1杯で、G系初心者でも無理なく堪能できる。

 

■評価

今回の評価は

・二郎度 ★★★

・量 1,096g

・総合 ★★★

5点満点

 

クタ野菜やワシワシ麺、大盛と3拍子がそろっており、手軽に二郎らしさを堪能できるバランスのとれたラーメンだ。

【肉汁らーめん 公(kimi) 】

場所:東京都品川区北品川2-25-10

定休日:無休

 

■インスパイア味ランキング(暫定)

1位:八王子野猿街道店2(本家)

2位:らうめん さぶ郎

3位:らーめん 526

4 位:凛 渋谷店

5位:眞久中

6位:ちばから

7位:バリ男 新橋本店 

8位:肉汁らーめん 公

9位:豚とこむぎ

10位:ビックラーメン 虎ノ門店

・合わせて読みたい→本家超えのラーメン二郎インスパイア店はあるのか? 調査10回目『ポークヌードル内藤』

(取材・文/しらべぇ編集部・ふふふふ

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu