破局後に「これまでのデート代を返せ」と言う男性の最悪行動3選

破局後に「過去のデート代金」などを請求してくるケースも…。

sirabee20170112orange001
(mamahoohooba/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

交際中は女性に対して気前よくお金を使っていても、別れたあとに返金などを求めてくる男性がいるようだ。

しらべぇ取材班は、「破局後『デート代やプレゼントを返して』と言ってきた男性と付き合ったことがある」という女性たちから話を聞いてみた。

 

①どさくさに紛れてお金を多めに回収しようとする

「交際中は『私もお金出すよ』と言っても断られ、彼氏が気前よく出してくれていたんですが、別れを切り出したら『これまで僕が払った分を返して』と言われました。

 

『金額なんて覚えてない』と伝えたら、『10万円でいいよ』と言われましたが、そこまでおごってもらった覚えはない」(女性・27歳)

 

②返ってきたプレゼントを新しい彼女にあげる

「別れる少し前にクリスマスプレゼントでアクセサリーをもらったんですが、破局後に『あれ返して』と言われて、包装箱ごと返しました。

 

1年弱後にその彼のSNSを見たら、新しい彼女の誕生日プレゼントにそのアクセサリーをあげていて、使いまわしていることが発覚…。ドン引き」(女性・29歳)

 

③これまで使った額の詳細を送って返金を求める

「破局後、これまでのデート代で支払った額の返金を求めるメールが来たことがあります。

 

日付や場所もかなり細かく記載されており、交際していた裏でこんなメモをとっていたなんて気持ち悪い。

 

彼が一方的に奢っていたのではなく、私だって払ったりプレゼントしていたのに」(女性・29歳)

 

■パートナーとの金銭トラブルは若い世代に多め!

しらべぇ編集部では、全国20〜60代までの交際経験のある男女1,074名を対象に「パートナー間で『金銭トラブル』を経験したことがあるか?」調査を実施。

その結果、男女共に20代〜30代の若い世代が多いことが明らかになった。

sirabee0907money002

交際中はお金のことを気にする素振りはなくても、別れた後にビックリするくらいケチになる人もいるようだ。

「このような相手とは別れてよかった」と、新しい恋に向かうのが一番かもしれない。

・合わせて読みたい→年代ごとに男女で開きも「つき合うんじゃなかった」人の存在

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20〜60代までの交際経験のある男女1,074名

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ