『鉄腕DASH』で紹介の「雪中キャベツ」が短時間で完売! その影響力に驚きの声

長野県小谷村で雪中キャベツの調理に挑戦。それを見た視聴者が…

エンタメ

2018/02/12 06:00


雪キャベツ
(precinbe/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

11日の『ザ! 鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)は、「出張DASH村」を放送。城島茂と長瀬智也が、長野県の小谷村を訪れた。


 

■雪中キャベツを試食

今回2人を待ち構えていたのは、雪に埋まった状態で成長する雪キャベツ。「凍るまい!」と糖質を作るため、独特な甘みが出るという。

城島と長瀬は地元農家協力のもと、雪中キャベツを確認。そのしっかりとした根と、通常のキャベツより1.5倍の大きさに驚きの声をあげた。

そして実際に試食してみると、長瀬は「甘い!」と叫び、城島は「おいしい!」とその味を絶賛する。


 

■収穫し調理することに

2人は雪中キャベツの収穫作業に着手。雪をショベルカーで除去し、土から出したあとは、古い葉を取り除き、雪の入った発泡スチロールに梱包。この状態で出荷するという。ちなみに、お値段は、1玉雪つきで、2,500円だそう。

さらに雪中キャベツの調理を開始。長瀬はミルフィーユ鍋、城島はメンチカツの料理に取り掛かる。両者手際よくこなし、見事に完成させた。

その出来は満足できるものだったようで、「東京では食べられない味」と、感嘆の声をあげる。とくにミルフィーユ鍋は、酒粕と味噌がよく効いていたよう。

美味しい料理を前に、城島が「来年もこれを求めて、ここにおったに(小谷)しますんで」とギャグを飛ばし、終了となった。


次ページ
■通販サイトの「雪中キャベツ」は完売

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ