うどん県副知事・要潤が外国人から「うどん屋ドコデスカ?」 ネット騒然

香川県出身で「うどん県」副知事を務める要潤の身に起こった出来事がネット上で話題に。

俳優の要潤(36)が8日にツイッターを更新。自身の身に起こった「ドッキリ」のような出来事がネットで話題になっている。

 

■うどん県副知事に「うどん屋さんはドコデスカ?」

投稿によると新宿でのロケ中に、外国人から「うどん屋さんはドコデスカ?」と聞かれたという。

要と言えば讃岐うどんの本場・香川県の出身で、同県がPRの一貫として行っている施策「うどん県」では2011年から副知事を務めていることでも知られている。

だからこそ「一瞬ドッキリかと思った」要だったが、外国人はマジだったようでスマホで地図アプリを提示。道を教えてあげたという。

「うどん屋知ってるっぽい雰囲気は国境を越えているのか。俺」との言葉が非常に面白い。

(2017年7月24日撮影。同じく「うどん県副知事」を務める木内晶子とともに)

 

■「さすがうどん県副知事」

この投稿に、ファンからは以下のような声が寄せられることに。

・その外国人の方『あ! うどん県の副知事!!』って思い出したのでは? (笑)

 

・外国の人「(この人から、うどん魂を感じる!)」

 

・さすがうどん県副知事ですね

 

・さすがはうどん県副知事、風格が漂っておられる

 

・職人顔ですよね!

 

■道を聞かれやすい人は2割強

道を聞かれる

しらべぇ編集部が以前行なった調査では、「人に道をよく聞かれる」と答えた人は全体の2割強。男性より女性のほうが聞かれていることがわかった。

 

うどん県に大きな貢献をしている要。「うどんの神」が微笑んだ出来事と言えるのでは。

・合わせて読みたい→うどん県副知事・要潤 香川人は「せっかち」だからうどん好き?

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)

あなたにオススメ