しらべぇ

『水曜日のダウンタウン』三四郎・小宮へのドッキリが「犯罪スレスレ」と波紋

『水曜日のダウンタウン』に三四郎・小宮浩信が出演。予告ドッキリの「オレオレ電話」の手口に驚きの声も。

エンタメ

「つまらなくなった」と言われるテレビ業界で、攻めた企画から評価が高い『水曜日のダウンタウン』(TBS系)。過激でギリギリな内容に絶賛の声が相次ぐ一方、「やりすぎ」と批判の声があがることも少なくない。

そんな中、7日放送の放送についても疑問の声があがっている。

 

■小宮への「予告ドッキリ」

番組では、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信(34)に対して、1週間に7つのドッキリを仕掛けたらすべて気づくのかという「予告ドッキリ」を放送した。さまざまなドッキリが小宮を襲い、1週間後に答え合わせをするというものだ。小宮は「ずっと気が狂うかと思いましたよ」とコメントしつつも、かなりの自信を覗かせる。

「店のメニューが早口言葉風になっている」「寝るとタクシーが止まる」といった他愛もないドッキリには、笑みすら見せて回答していく。「ロケ中にスナイパーに狙われる」というドッキリについては、赤いレーザーポインターがずっと付きまとう状況に「大人のやることじゃないでしょ。ガキじゃん」と笑顔に。

他にも、相方である相田周二(34)が楽屋泥棒をするというドッキリも放送された。

 

■「本当に怖いやつ」とビビる場面も

ドッキリの中で、「親からの逆オレオレ電話」には最後まで気づくことはなかった小宮。「親」と登録してある電話番号から着信があり、「オレオレ、仕事何時までなの?」と聞かれるというドッキリだ。

しかし、実際の電話の主は父親ではなくエキストラ男性だったのだが、小宮は「は? どゆこと? (お父さんは)テレビの人と関わることがないので、お父さんの携帯を借りることはできないじゃないですか」と理解ができていないよう。

そこでスタッフがオレオレ電話のトリックを説明すると、小宮は「怖いよ…ダメだよそんなことしちゃ」と自身の携帯を確認し始める。そしてVTRの締めには「小宮さん、このオレオレのやり口はくれぐれも内密に」というテロップが。どうやら、テレビでは明かせない手口のようだ。

これについて小宮は「本当に怖いやつなんて。(トリックを)教えてもらったとき、スタッフさん笑ってましたからね。なんで笑えるの? どういう神経してるの? 怖いよ」と恐怖を訴えた。

 

■「犯罪スレスレ」の声も

今回の企画は、小宮に「ドッキリを仕掛ける」と事前に報告していたため、ある程度過激なものがあることは本人も予想していただろう。とはいえ、テレビで明かせないというトリックには、恐怖を感じたことも明かしている。

放送後、これらのドッキリについて、ネット上でも「怖すぎる」といった声があがった。絶賛する声もあるが、中には批判的な意見もみられた。

 

■『水曜日のダウンタウン』を知っている?

過激な放送内容から、何かと話題になることも多い同番組。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,376名を対象に番組の認知度を調査したところ、6割以上が「知っている」と回答した。

ちなみに、ダウンタウンの出身地である近畿地方では52.3%と、やや落ち込んでいる。

 

良くも悪くも注目されることが多い同番組だが、それだけ世間の感心が強いともいえる。「もっとテレビの限界ギリギリを追求してほしい」との声も数多くあがるなど、ますます今後が期待されているようだ。

・合わせて読みたい→『水曜日のダウンタウン』拉致監禁の過激企画で通報 「オオカミ少年現象」危惧

(文/しらべぇ編集部・らむたそ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の男女1376名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu