しらべぇ

本家超えのラーメン二郎インスパイア店はあるのか? 調査5回目『ちばから』

二郎系として最強とも言われる「ちばから」を食レポ

グルメ

ジロリアンの中には、家の近くに二郎ラーメンがなく、二郎インスパイア店を代替手段としているマニアもいるかもしれない。

どうせ食べるなら、二郎と同等もしくは二郎よりうまいラーメンを食べたいはず。そんな人は、この記事を参考にしてみてほしい。

 

■二郎インスパイアの名店

渋谷駅から、徒歩5分ほど道玄坂の奥に店を構える「ちばから」。二郎系インスパイアの名店としてよく名前があがるため、ジロリアンなら一度は聞いたことがあるのではないだろうか。

オープン11:30に合わせてお店へ訪れると、今回の調査で初の行列を確認。

店内はゆったりとした席間隔で広々としていて、カウンター7席にテーブル6席を完備。

今回は、一番ベーシックにらーめん豚一切れ(890円・税込み)を購入。カスタマイズでは、麺の硬さ、野菜、からめ、にんにく、アブラ、ねぎを選択可能。もちろんカタメの全マシマシコール。

着丼したラーメンを見ると、美しいフォルムで艶やかな雰囲気――繊細さや上品さすら感じる。

優しく、計量してみると2,096g(器あり)で平均値。

 

■家系と二郎系の良いとこどり

まず、着目したいのは乳化した濃厚スープ。二郎系で知られているのだが、スープ自体はどちらかというと家系タイプ。

コクとパンチがあるにもかかわらず、クセを感じさせないまろやかなミルキィ汁。

野菜は、ほどよくシャキ感の残るみずみずしい出来。

さらに香り高いネギが混ざり、風味豊かに演出。

麺は平打ち麺で、もちもち感が印象的だが、まるで生パスタを食べているような不思議な感覚が…。

この麺がスープと絡まったとき、余すことなく味わいたいという欲求から、無意識に口が動く。

 

■豚の分厚さがすごい 

そして、特筆したいのは豚の存在感。メニューには豚「一切れ」と書いてあったので、1枚と解釈していたが、これは1枚ではなく1個だ。

それほどにも分厚く、厚さ1cmは優に超えている。しっかりめに味付けされた豚塊は、パサとプルが雑妙なバランスで、噛むたびに唾液の分泌が止まらなくなる。

具材をすべて食べたところで再計測すると、1,026.5g。具材重量は1,069.5gと大台の1k越えで、予想以上に量はしっかりとあるようだ。

 

■評価

今回の評価は

・二郎度 ★★

・量 1,069.5

・総合 ★★★

5点満点

 

別ベクトルで美味しさを追求した、万人受けタイプのインスパイア。家系ラーメンが好きな人にはオススメできるラーメンだが、生粋のジロリアン的には、もう少し“二郎っぽさ”を求めてしまうところがあるかも。

【ちばから】

場所:東京都渋谷区道玄坂2-22-2 SHIBUYA道玄坂ビル1956 1F

定休日:毎週月曜日(※臨時休業有り)

 

■インスパイア味ランキング(暫定)

1位:八王子野猿街道店2(本家)

2位:らうめん さぶ郎

3位:眞久中

4位:ちばから

5位:バリ男 新橋本店 

位:ビックラーメン 虎ノ門店

・合わせて読みたい→本家超えのラーメン二郎インスパイア店はあるのか? 調査2回目『ビックラーメン』

(文/しらべぇ編集部・ふふふふ

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu