割り勘で友人がクーポンを使ったら残額はどう払うべき? 千秋の意見に共感も

割り勘でのクーポン利用でモヤモヤ

(画像は公式Instagramのスクリーンショット)

12日に放送されたフジテレビ系情報番組『ノンストップ』のコーナー、「NONSTOP! サミット」ではクーポン券の使い方について議論が行われ、ネットで話題になっている。

 

■割り勘でクーポンを使用した残りは…

問題になっているのは『発言小町』に投稿された、「800円の会計で友人が500円のクーポン券を利用し、残りの300円を支払らった」というもの。

100円は得をしているが、本来なら300円を割り勘にするべきではないかとモヤモヤしているようだ。

この話題にバナナマン・設楽は「はじめから割り勘よりも100円安いけど、相手はクーポンを出してるから現金は使ってない。僕はモヤモヤしちゃう気がする」と意見を述べた。一方、千秋は…

「私は超ラッキーだと感じる。本当なら400円だけどクーポンを出してくれたおかげで300円で済んだから『ありがとう』って思う。クーポンではあるけど500円の価値があるものをその人は持ってたんだから」

 

と、持論を展開。カンニング・竹山は「クーポン使うことを最初に言ったほうが良かった。俺が裁判官なら両方とも悪いな」と語った。

 

■千秋に共感する声が多数

ネットでは千秋の意見に共感する声が目立っている。

https://twitter.com/obapopo_/status/951628696837746689

https://twitter.com/satsukiGZ/status/951628996097204224

次ページ
■最初から別会計にすれば…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ