しらべぇ

ディープすぎる「ジャンプ愛」が止まらない『オー・マイ・ジャンプ!』

伊藤淳史、生駒里奈(乃木坂46)、馬場徹、柳俊太郎、斉木しげる、佐藤仁美、寺脇康文がコスプレで会見に登場

エンタメ

「勇者ヨシヒコ」シリーズや『孤独のグルメ Season5』、『バイプレイヤーズ』ほか、深夜枠にも関わらず、話題作を量産しているテレビ東京「ドラマ24」。

その記念すべき50作目として、今年創刊50年を迎える『週刊少年ジャンプ』(集英社)が全面協力し、オリジナルドラマ『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』が今夜12時12分に放送をスタートする。

■『週刊少年ジャンプ』の秘密クラブ

(画像提供:©️「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会)

飲料メーカーの冴えない営業マン・月山浩史(伊藤淳史)が外回りから帰って来ると、課長の阿久(浅香航大)が部下の水戸愛実(最上もが)を説教していた。

浩史より年下の阿久は、日頃から横暴な態度が目立ち、“ハラスメント将軍”と言われるほど。しかし社長の甥っ子ゆえ、怒られ続ける水戸を助けたいと思いつつ、浩史も逆らえずにいた。

公園でサボっていた浩史は、『週刊少年ジャンプ』を回し読みし、どのヒーローになりたいかで盛り上がる小学生を見かける。

「ヒーローなんてなれるわけがない」…そんなことを思っていると、浩史の前に突然怪しげな男・土田跳躍(斉木しげる)が。

(画像提供:©️「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会)

「いい店ありますけどいかが?」と声を掛けて来た土田に連れて来られたのは、『オー・マイ・ジャンプ!』と書かれた店。

中には「少年ジャンプ」の創刊号から最新号、各漫画の単行本がズラっと並び、「NARUTO」の格好をした火村智子(生駒里奈)、「アラレちゃん」の格好をした木暮美樹(佐藤仁美)、「聖闘士星矢」の聖衣を着た水川康介(寺脇康文)など、ほとんどの客が「少年ジャンプ」に登場したキャラクターのコスプレをしている。

(画像提供:©️「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会)

そう…そこはジャンプを愛する者だけが集う秘密の場所!「少年ジャンプ」の秘密クラブだったのだ!

 

■コスプレの完成度がすごい

11日都内で行なわれた会見には、出演者それぞれが劇中でも身にまとう、ジャンプに登場するキャラクターのコスプレ姿で登壇した。

主人公・月山浩史役の伊藤淳史は、「ONE PIECE」のモンキー・D・ルフィー。

奥手な大学生・火村智子役の生駒里奈(乃木坂46)は、「NARUTO」のうずまきナルト。

月山のライバルになる敏腕営業マン・黒塚朝日役の馬場徹は、「北斗の拳」のケンシロウ。

漫画家志望で、気弱なくせに強気な発言をしてしまう金城真治役の柳俊太郎は、「ろくでなしBLUES」の前田太尊。

ジャンプについて膨大な知識がある「オー・マイ・ジャンプ!」のマスター・土田跳躍役の斉木しげるは、「僕のヒーローアカデミア」のオールマイト。

ジャンプのヒロインに強い憧れがある妊活中の女医・小暮美樹役の佐藤仁美は、「Dr.スランプ」の則巻アラレ。

金融機関勤務で“無駄にダンディ”と思われている水川康介役の寺脇康文は、「聖闘士星矢」のドラゴン紫龍。

 

■「ジャンプ愛」が止まらない

「オープニングだけで、今のところ8話まで、まだこの格好していません! スーツだけです」と言って報道陣を笑わせた伊藤。主演なのに「まだ誰も、僕にストーリーを教えてくれなくて…」と、展開の読めなさをちょっぴりボヤくシーンも。

『週刊少年ジャンプ』が大好きで、「NARUTO」も大好きな生駒は、「ただのオタクもがんばれば、こうなれるよってことを、ちょっと今、自信のない子たちに、勇気を与えられる存在になれれば」と意気込みつつ、“生駒回”ともいえる第2話については「吐きそうです(笑)」と、生駒らしい控えめコメントも飛び出した。

つい先日まで演じていた、『陸王』(TBS系)のメガネ姿のお堅い銀行員・大橋浩役とのギャップがすごいことになっている馬場。伊藤同様にスーツ姿が続いているとのことだが、ケンシロウになるため「一生懸命、体作りをしています」と言いつつ、筋トレする姿を「みんなから気持ち悪がられています」と嘆く。

「こう横に並ぶと地味だな…」と言う学ラン姿の柳も、比較的コスプレシーンが少ないようで、それまでもチラチラ他のメンバーから「三木(康一郎)監督が、役名を憶えてくれない」といった話題が出ていたが、「三木監督が、僕のことをスタッフとよく間違います!」と暴露し、会場は笑いに包まれた。

いろんなコスプレを見せるという佐藤は、「なぜか、すっごく、このアラレちゃんがスタッフから評判がいいんです。みんな『かわいいね』って褒めてくれるんですけど、よくよく考えたらアラレちゃん、2頭身だなって」と自虐しつつ、原作者の「鳥山明先生も大絶賛の姿だと聞いています」と司会者に言われると、「そうなんですか!?」と喜んでいた。

衣装を「コスプレ界のカリスマ」に製作してもらったという寺脇は、撮影でエキストラとして協力しているコスプレイヤーに「みなさんもう、近づいてきて『触っていいですか?』とか、『えー! この曲線すごーい!』とかってチヤホヤされるんで、自分で作ったんじゃないんですけど、なんか気分がいいです」とニンマリ。

 

そして、それぞれが現場の楽しさや「ジャンプ愛」を語る中、ある意味一番“熱い”雰囲気を漂わせていたのは、「50年間『ジャンプ』を読み続けて」きたという斉木だ。

「話ちょっと長くなるけど」「長いよ」と前フリし、愛読者として自分が見たい、出演してほしいキャラを並べまくるなど、秘密クラブ「オー・マイ・ジャンプ!」のマスターらしく「ジャンプ愛」が止まらない様子だった。

 

■ジャンプをあまり知らない人も

50年続く『週刊少年ジャンプ』だからこそ、その時代ごとの作品を知る世代は幅広く、親子や、祖父から孫の三世代で観ても、かなり盛り上がりそう。

もちろん、『週刊少年ジャンプ』のかなりディープなネタも多いのだが、公式Twitterがこう語るように

極端なことを言えば「ジャンプを読んだことがない」という人でも、かなり楽しめる。

そもそも国民的人気コミックが並ぶため、普段はあまり漫画を読まない人でも、目にしたことがあるような作品だらけで、会見で生駒も語っていたが「へぇ。これ『ジャンプ』(の作品)だったんだ…と」いう発見もあるはず。

また、「友情・努力・勝利」というジャンプの軸であるキーワード自体に、普遍性があるところもポイント。

人間関係にモヤモヤしている人は、月山たちが成長しながら「友情・努力・勝利」を体現する姿に、きっとハマるはずだ。

【番組概要】
ドラマ24『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』
放送日時:1月12日より毎週(金)深夜12時12分
(テレビ東京、テレビ北海道、テレビ愛知、テレビせとうち、TVQ 九州放送)
※テレビ大阪は1月15日より毎週(月)深夜12時12分
出演:伊藤淳史、生駒里奈(乃木坂46)、馬場徹、柳俊太郎、斉木しげる、佐藤仁美、寺脇康文 ほか
製作著作:「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会

・合わせて読みたい→中村優一と杉浦太陽がタッグ『最後の晩ごはん』が守備力高すぎ!?

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

この記事の画像(18枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu