85歳男性「車の逆走」で女子高生2人が重体 「免許返納すべき」の声が相次ぐ

85歳男性が運転する車が逆走し、女子生徒2人をはねる。「免許返納」を求める声も。

(maroke/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

新学期を迎え、気分を新たに登校する学生たち。通い慣れたいつもの通学路で、始業式に向かう途中だった女子高生2人が、逆走する乗用車にはねられる事故が起こってしまった。

悲しい出来事にネット上ではさまざまな意見が飛び交っている。

 

■「逆走」で女子高生2人をはねる

群馬県前橋市で9日朝、自転車で高校に登校中の1年生、3年生の女子生徒の2人が、85歳の男性が運転する乗用車にはねられて重体となる事故が発生。

前橋署は、男性を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の容疑で逮捕した。報道によれば、男性は事故の直前に対向車と接触、その後対向車線に進入して130メートルほど逆走して女子生徒らをはねた。

女子生徒らは意識不明の重体で、運転していた男性は軽傷を負っているという。

また、女子生徒らが乗っていた自転車のハンドルやサドルは大きく曲がり、男性の車はバンパーが外れ、大きくへこむなど、事故の悲惨さを物語っている。そして現場にはブレーキ痕は見られなかったようだ。

男性は容疑について「気がついたら事故を起こしていた」などと供述しているという。

 

■「回復を祈る」と同情の声

報道を受け、ネット上では女子生徒たちに同情の声が数多くあがった。

・痛ましい。何の落ち度もない若者が被害に合うのは残酷すぎる

 

・被害を受けた女子高生が回復することを祈るばかり

 

・高齢者だからといって「わからなかった」で済む問題じゃない。なぜ免許の更新ができていたのか不思議でならない

 

・老人たちによって若い人の人生が壊されていくのは許せない

次ページ
■「免許を返納すべき」と指摘も

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ