ビートたけしが白鵬の張り手問題に怒り 「決まり手なのに制限されるのはおかしい」

横綱審議委員会・北村委員長にビートたけしが苦言を呈した。

土俵
(c11yg/iStock/Thinkstock)

6日に放送されたTBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』では、不祥事が止まない大相撲がテーマに。

ビートたけしが横綱審議委員会・北村正任委員長に苦言を呈し話題になっている。

 

■決まり手なのに使えないのはおかしい

北村委員長は、昨年12月に「張り手、かち上げが本場所15日間のうちに10日以上あるのは横綱相撲とは到底言えないだろう」と横綱・白鵬に厳しく批判した。

そんな中、5日に行われた、横綱審議委員会の稽古総見で白鵬は土俵に上がった。しかし、白鵬は七番おこなわれた稽古総見の六番目で張り手を見せた。意見を求められるとたけしは…

「変だよね相撲の決まり手にあるのに横綱になった途端、使っちゃダメなんて。王貞治が4番打者のときにホームランを打ってはいけないと言ってるのと同じ。それが横綱らしくないなら、モンゴルの人を帰化させずに横綱にするほうがおかしいよ。

 

横綱の品格に価しないと言うなら、国籍が違うほうが価しない。決まり手にあるのに勝負の世界で使っちゃいけないなんておかしいでしょ」

 

と、怒りを露わにした。

 

■たけしの正論に賛意

ネットでは、たけしの意見に共感する声が目立っている

次ページ
■白鳳嫌い派からは批判も

あなたにオススメ