ゴッドタンSPマジ歌選手権にヒム子復帰「溜め込んだパワーを放出」

『ゴッドタン新春SP 芸人マジ歌選手権』(テレ東)に、夏の特番で欠席していたバナナマン・日村が復帰し、オリジナルソングを披露する。

エンタメ

2018/01/01 08:00

(竹﨑由佳アナウンサー、おぎやはぎ・矢作兼、小木博明 ©テレビ東京)

テレビ東京で本日1日夜10時15分から、スペシャル番組『ゴッドタン新春SP 芸人マジ歌選手権』が放送される。

 

■マジ歌初の元日放送

毎週土曜深夜に放送されているお笑いバラエティ『ゴッドタン』で、スペシャル恒例となっているマジ歌選手権は今回で16回目を数え、初の元日放送になる。

芸人がマジで歌を作り、マジで歌い上げるオリジナルソングの発表会。ただし、審査員全員が口に含んだ牛乳を吹いたら即終了となり、最後まで歌いきれないことも。

前回、昨年8月のゴールデン3時間半スペシャルでは、おぎやはぎ・小木博明(46)とベッキー(33)が「好感度が高くなくても生きていく」と自虐ソングをデュエットし話題になった。

 

■バナナマン日村の復帰

今回は、マジ歌シンガーとしておなじみとなった「ヒム子」ことバナナマン・日村勇紀(45)が2大会ぶりに復帰。

前回のゴールデンSPでは、同じ時間帯に裏番組へレギュラー出演していたこともあり、欠席となってしまったようだ。

番組演出の佐久間宣行プロデューサーは「ゴールデンSPに一番足りなかった、ヒム子が溜め込んだパワーを放出します!」と気合い充分のコメントを寄せた。

(バナナマン・日村勇紀 ©テレビ東京)

番組レギュラーであり、特殊メイクを使った大がかりな仕掛けで毎回驚かせてくれる劇団ひとり(40)や、毎回クオリティの高いマジ歌を聞かせる、コーナーレギュラーの東京03・角田晃広(44)も収録に参加。

(東京03・角田晃広 ©テレビ東京)

初登場は、この1年で大ブレイクしたお笑いコンビ・カミナリと、昨年、エアロビの全国大会でメダルを獲得し、今年は東大受験にも挑戦するなど、お笑い以外でも大忙しなオードリー・春日俊彰(38)の2組。

(カミナリ・竹内まなぶ、石田たくみ ©テレビ東京)

前回に引き続き、コンビ内の格差による「腐り芸」をネタにするハライチ・岩井勇気(31)や、去年3月の日本武道館マジ歌ライブでのド派手演出を行なったバカリズム(42)も登場する。

(バカリズム ©テレビ東京)

 

■設楽も審査員席に復帰

今回の審査員には、バナナマン・設楽統(44)が復帰し、ヒム子へマジ歌楽曲を提供している音楽プロデューサー・ヒャダイン(37)、劇団ひとりとプライベートで親交のあるビビる大木(43)、『バカリズムの30分ワンカット紀行』(BSジャパン)に出演中の女優・内田理央(26)らがジャッジを行なう。

(©テレビ東京)

毎回、業界騒然の名曲が誕生しているマジ歌選手権。元日はゴッドタンで初笑いを楽しもう!

【番組概要】
タイトル:ゴッドタン新春SP 芸人マジ歌選手権
放送日時:1月1日(月・祝)夜10:15〜11:45
司会:おぎやはぎ、竹﨑由佳(テレビ東京アナウンサー)
マジ歌シンガー:劇団ひとり、日村勇紀(バナナマン)、角田晃広(東京03)、バカリズム、ハライチ、春日俊彰(オードリー)、カミナリ
審査員:ヒャダイン、内田理央、設楽統(バナナマン)、ビビる大木、飯塚悟志(東京03)、豊本明長(東京03)

・合わせて読みたい→テレ東まさかの『ゴッドタン』ゴールデンSPは24時間テレビの裏で放送

(文/しらべぇ編集部・京岡栄作

この記事の画像(8枚)

あなたにオススメ