しらべぇ

中華食堂なのに秋田料理が激ウマ 『アド街』にも登場した足立区『秋田軒』がスゴい

いぶりがっことチャーハンの相性が最強すぎる!

グルメ

チャーハンにラーメン、焼き餃子などを提供する美味しい街の中華食堂は、一人暮らしからファミリーまで愛される、使い勝手のいい飲食店だ。

餃子の王将など中華食堂のチェーン店は独自のメニューがあるが、足立区・竹ノ塚にある個人経営の『秋田軒』は、それに勝るとも劣らない絶品料理があることで地元で大人気の店。

 

■秋田料理が豊富な中華食堂

名前だけ聞くとダジャレのように感じてしまうが、秋田軒はその名のとおり秋田県の郷土料理をメニューに取り揃えている。

予約制だがきりたんぽ鍋まで食べられる中華食堂は、ここ秋田軒だけではないだろうか?

 

■ご当地食材と中華の華麗なるコラボ

また、予約制の秋田料理以外にも秋田の食材をふんだんに使った料理が数多くあり、こちらの「いぶりがっこチャーハン」は『アド街ック天国』(テレビ東京系)でも取り上げられた人気メニュー。

添えられたいぶりがっこ以外にも刻まれたいぶり人参や大根がチャーハンに混ぜられており、ほのかな燻製香とコリッとした心地よい食感がプラスされ激ウマ!

 

■海藻のナムルも美味い

この『ぎばさナムル』は、もやしナムルの上にねばねばの海藻『ぎばさ』をかけた一品。ふだんのナムルとは違った味わいでこちらも美味。

『とんぶりとろろチャーシュー』は、肉みそがたっぷりかかった肉厚のチャーシューに、山のキャビアとよばれるとんぶりととろろをかけていただく。

肉だけではあぶらっこくなりがちだがとろろがさっぱりとした味を与え、とんぶりのプチプチした食感がアクセントになりごはんが進み過ぎる美味しさだ。

 

■通常メニューも絶品

それ以外の中華食堂定番料理も、どれもハズレないものばかり。みそラーメンは和風味でコクがあるのにサッパリしているため、量はかなり多いがペロッといけてしまう。

焼き餃子も皮がモチモチで肉汁たっぷり。チェーン店の餃子とは一線を画す、手作り感たっぷりの味わい。

秋田軒はほかに用事がないとなかなか行きづらい場所にあるが、中華料理と秋田ご当地食材の美味しいコラボが味わえる貴重な店。気になる人はぜひ行ってみよう。

【秋田軒】

住所:東京都足立区保木間2-19-11

・合わせて読みたい→王将の危機を予感するレベル… バーミヤン新業態『ばーみやん軒』がお得すぎてヤバい

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(11枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu