しらべぇ

家電の調子が悪いと叩くと直るのは本当か? 起死回生を願った一発

ブラウン管テレビの風習が、現在でも続いている。

ライフ

(marionbirdy/iStock/Thinkstock)

テレビの映りが悪いときに、とりあえず叩いてみる人も多いはず。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,328名に「家電の故障について」の調査を実施。

「電化製品が壊れたら叩いてみるほうだ」と答えた人は、全体で44.7%と半数に迫る高い割合であった。

 

■起死回生の一発に期待

性年代別では、どの年代でも女性が多くなっている。

電化製品を叩く性年代別グラフ

叩くと答えた女性からは、起死回生の一発を期待しているとの意見が。

「どうせ壊れているのなら、最後の手段として叩いてみる。それで直ったら、ラッキーだし」(40代・女性)

 

「初期のでっかいiPodがフリーズして、まったく動かなくなった。ネットで検索したら、『柔らかいところに、思いっきり投げつける』とあり、やると一瞬だけ起動。でも、すぐにダメになった」(30代・女性)

 

■パソコンやスマホは逆効果か

男性では、20代から30代の若い世代が少なくなっている。「電化製品は叩くと直る」との伝説は、もはや過去のものなのかも。

「今の家電は精密な作りになっているから、叩いて直るもんじゃないと思うけど」(30代・男性)

 

「パソコンやスマホを叩いたら、取り返しのつかないことになりそう」(20代・男性)

 

■叩いて直る理由

電化製品を叩くことによって、本当に治ることがあるのだろうか。

「昔のブラウン管テレビは、叩いたら本当に調子が良くなっていた。『がんばって!』などと声をかけながら…家族みんなで盛り上がっていた記憶がある」(40代・女性)

 

叩いて直るのは、接触不良の改善や付着したほこりが取れるから。しかし、根本的な解決にはなっていないために、結局は修理や買い替えが必要になる。

接触不良での故障ならば、IT機器でも叩くのは有効なときもあるだろう。ただそれ以上に、完全に壊れるリスクが高い。

電化製品の調子が悪いときは、叩かずに素早く修理に出したほうが賢明だろう。

・合わせて読みたい→『家電量販店』でブチ切れそうになる瞬間13連発

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu