地上波初放送の大ヒット映画『君の名は。』 親子で観てはいけない5つの理由

教育熱心な親必見!? 君の名は。を子供と観てはいけない理由

2018年1月3日に地上波で初放送される人気作品『君の名は。』。まだ観たことがない人は楽しみにしていると思うが、ここで残念なお知らせがある。

それは、家族で観ると、非常に気まずいムードになるのはおろか、子供たちに重大な影響を与える可能性があることを先に知らせておきたい。

いったいどのような内容が子供に重大な影響を与えるのか? 5つの理由にわけて説明しよう。

 

①子供が変な趣味に目覚める可能性がある

『君の名は。』のストーリーにおいて重要なアイテム「口噛み酒」をざっくり説明すると「女子がクチャクチャ噛んだ米をオエッと出して発酵させた酒」だ。

酒の起源のひとつとは言われるものの、一般的に気持ち悪くて飲めないような物を主人公が一気飲みするシーンがあるため、子供がマネをした場合変な趣味に目覚める可能性がある。

 

②子供が必要以上に異性の体に興味を示す可能性がある

ストーリー上で主人公の男子・滝と女子の三葉の体が入れ替わるのだが、どちらも異性に体が入れ替わったことで驚き、顔を赤らめるシーンがある。

そのため異性の体の構造を知らない子供が見た場合、必要以上に異性の体に興味を示し、お茶の間に気まずいムードが流れる可能性がある。

次ページ
③田舎に理想を抱きすぎて移住したくなる可能性がある

あなたにオススメ