しらべぇ

欲しいものはまずメルカリで探す! 支えているのはやっぱり…

あらゆる意味が話題になってメルカリだが、支持者が一番多い世代とは。

ライフ

メルカリ

(©ぱくたそ)

話題のフリマアプリ「メルカリ」は、若い世代にとって欠かせない存在にまで成長している。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代のメルカリを利用したことがある男女211名に「メルカリの利用について」の調査を実施。

「欲しいものはまずメルカリで探すほうだ」と答えた人は、全体で35.1%であった。

 

■やはり若者に人気のメルカリ

年代別では、20代から30代が多くなっている。

メルカリグラフ

やはりメルカリのユーザーは、若者が主流のようだ。

「毎日アプリで気になるものをチェックしている。欲しかったものが安く出品されていると、うれしくなる」(20代・女性)

 

「私は出品もしています。商品が売れるのが楽しい。いらないものでお金がもえらるなんて、ものすごく助かる」(20代・女性)

 

■メルカリを使わない人はどこで買い物をしているのか

メルカリをあまり利用しない人は、独特なルールになじめないという。

「アプリはダウンロードしたけど、即購入禁止などの独自ルールが多すぎる。買い物するのに、なんでSNSみたいなコミュニケーションをしないといけないのか疑問。

 

気軽に買い物ができるAmazonで、私は十分かな」(40代・女性)

 

また中古品が苦手な人は、当然ながらフリマアプリは向いていない。

「少し神経質なところがあるので、あまり古着とかは好きではない。新しい洋服を買うんだったら、やっぱりZOZOTOWNかな」(20代・女性)

 

■フリマアプリならではの失敗も

とても便利なメルカリだが、購入してみたら「なんか違う」と思うことも多いようだ。

「洋服を購入したときに、想像以上に中古感がある商品が届いた。画像ではそんな風に見えなかったから、出品に慣れていて上手に撮影したんだろうなと思う」(20代・男性)

 

まだ出品をする側も、思わぬ失敗をしている。

「最初は相場がわからず、かなり安い価格で売ってしまって。ちょっと損した気分になった。もともとは、捨てようとしていたものなんだけど…」(20代・女性)

 

失敗も含めて、フリマアプリの楽しみなのかも。

・合わせて読みたい→嘘ばかりじゃん! ネットオークションで騙された商品3選

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代のメルカリを利用したことがある男女211名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu