しらべぇ

たけし、鶴瓶のぶっちゃけトークに賞賛集まる 過激発言連発に「切りどころは任せた」

SMAP、不倫、北朝鮮…『チマタの噺』でビートたけしと笑福亭鶴瓶が2017年重大ニュースを斬り捨てた!

エンタメ

2017年も大活躍したビートたけし(70)と笑福亭鶴瓶(66)が、28日深夜放送『チマタの噺』(テレビ東京系)で毎年恒例のスペシャルトークを披露。

2017年の重大ニュースを2人の視点から斬りまくり、視聴者から賞賛が起きている。

(画像はテレビ東京宣伝部Twitterからのスクリーンショット)

収録後の記者会見で、「見どころはありますけど、切りどころは任せるしかない」、鶴瓶はそう語る。たけしも「できたら『ピー』にしてほしい。だれかが責任を取ればいい」と笑うほど、過激なトークが展開された。

 

■「不倫」や「SMAP」

社会全体の規制ムードに「やりにくい」「ラジオならOKでもテレビでは言えないことが多い」と2人はため息をつきながらも、番組冒頭からテレビでは放送できない「ピー」音が連発。

世の中を騒がせた不倫騒動に言及し、「宮迫はカッコ悪い。『やった』って言えばいい」「渡辺謙さんもカッコ悪い、カッコつけてるのに」「乙武さんはTENGA扱いじゃないの?」、たけしが止まらない。

27時間ホンネテレビ・SMAPにも触れ、「中居は歌ヘタじゃない。誰かは言わないがめっちゃヘタなやついる」と鶴瓶が口にすると、たけしが「3人の中にいる?」と詰め寄る。「香取はウマい、稲垣はちゃんとやる」と消去法で歌ヘタメンバーを示す結果に。

 

■女性議員を語る

世間を騒がせた女性議員に関してもたけしが熱弁。不倫疑惑の山尾志桜里議員には「男女関係否定するからおかしい。『何が悪いんですか』って言っちゃえばいい」と一喝。

パワハラが問題になった豊田真由子元議員には「できない男を怒っちゃうんだろうね」と同情を匂わせたが、小池百合子都知事の男女関係に関しては「名誉棄損で訴えられる」と口を濁した。

稲田朋美議員は「アダルトビデオの女教師みたい」、「俺らぐらいの歳だとイイように思う」と鶴瓶も賛同するなど別の視点でも見守っていたようだ。

 

■過激トークに視聴者絶賛

その後も、森友学園騒動を笑い飛ばし、北朝鮮の話題では金正恩党委員長の髪型をイジリ、震災の火事場泥棒に「こんなもん射殺しろ」と過激発言が連発。若手芸人や将棋界・スポーツ界の新星についても持論を展開。

大御所の2人だからこそ許される、歯に衣着せぬトークに視聴者も大満足だったようだ。

 

■1割は「テレビを観ない」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,343名を対象に調査したところ、全体の1割が「テレビを全然観ない」と回答した。

ネットの普及や娯楽の多様化など、若年層の「テレビ離れ」が進んでいると言われているが、調査結果からも20代男性が最もテレビを観ないことが判明している。

たけしや鶴瓶は「テレビ・社会の規制」を危惧していたが、規制の緩いネットで過激なモノを気軽に観られる現代では、テレビ離れが進むのも理解できる。

この日の2人のように、放送ギリギリを責める姿勢を視聴者は楽しみにしているのかもしれない。

・合わせて読みたい→『ブラタモリ』が彦根で偶然『家族に乾杯』とコラボ? 「鶴瓶が愛されてる」と好感も

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu