クロちゃんドッキリ「レイちゃま」のツイートが波紋 その内容に賛否両論の声

『水曜日のダウンタウン』でクロちゃんにドッキリを仕掛けた「レイちゃま」こと小林レイミのツイートが話題に。

(画像はTwitterのスクリーンショット)

27日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で安田大サーカス・クロちゃん(41)に対するドッキリ企画が放送された。

その中で、仕掛け人として出演した「レイちゃま」ことモデル・小林レイミ(27)のツイートが波紋を呼んでいる。

 

■「週4でクロちゃん」で身を削る思い

しらべぇ既報のとおり、番組では「フューチャークロちゃん」という企画が放送された。小林はクロちゃんが恋する相手であり、番組ではその恋心を利用したさまざまなドッキリを遂行。身を寄せてツーショット写真を撮ったり、思わせぶりな態度など取り続けた。最終的には、クロちゃんが小林がドッキリの仕掛け人だと気付き、号泣する場面もあった。

番組終了後、小林は企画のためにクロちゃんと1週間で4回も食事をしたり、LINEでもやり取りを続けるなど、かなり体力を消耗したことを明かした。「私にとって身を削る思いをした」と感想を漏らした。

 

■「一週間つらかった」と本音を漏らす

続けて小林は「一週間つらかったですが、あの一週間の心の支えは紛れもなく地獄の軍団と呼ばれちゃってるクロ班の皆さんです!」「食事ロケの時はいつもすぐ近くに居てくれて本当に心強かった…」と、スタッフへの感謝の気持ちをつづった。

一方でクロちゃんに対する謝罪などはなかった。

次ページ
■「クロちゃんの心を弄んだのに」と批判の声

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ