横野レイコ氏が貴乃花親方の処分を予想 相撲協会が出した結論は「ニ階級降格」

貴乃花親方の処分が決定した

社会

2017/12/28 15:00

土俵
(c11yg/iStock/Thinkstock)

28日に放送された、フジテレビ系情報番組『とくダネ!』では、同日の理事会で決定する貴乃花親方の処分がテーマに。相撲取材歴30年のリポーター・横野レイコ氏に批判が殺到している。

 

■処分を予想

30年大相撲を取材してきた横野は「被害者の親方としての処分ではなく、協会員としての組織のありかたとしての処分だと思います」とコメント。処分は、一階級降格と1ヶ月の無給と予想した。

これに対し、笠井信輔アナウンサーは…

「相撲協会はこれまでにも苦情の電話が殺到したことがありますよね。殺到すると対応を変えることも、これまでにあった。そうすると、殺到しないようにしないといけない。

 

区別して考えてない人が多いので、そうなるとあまり厳しい処分はしないほうがいいというムードが協会に生まれるような気がする」

 

と、異論を示した。

横野は「貴乃花親方は世の中のイメージがいい。それは協会も考えてるんですね。ですから、重い処分になってしまったとしても苦渋の決断であることは変わりない」と反論した。

 

■横野を処分してほしい

ネットでは、横野氏の意見に批判が殺到している。

https://twitter.com/Eib9cEz/status/946161487088721920

次ページ
■「二階級降格」を決議

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ