しらべぇ

『水曜日のダウンタウン』フューチャークロちゃんに戦慄 「さすがに笑えない」と批判も

『水曜日のダウンタウン』で放送された「フューチャークロちゃん」が怖すぎると話題に。

エンタメ

『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に欠かせない存在として注目を集めている、安田大サーカス・クロちゃん(41)。私生活を監視され、さまざまなドッキリを仕掛けられる姿には賛否両論の声があがっていた。

そんな中、27日放送の企画が大きな反響を呼んでいる。

 

■「フューチャークロちゃん」で号泣

番組では「フューチャークロちゃん」との企画を放送した。次の日にクロちゃんに起こる出来事を予言する「フューチャークロちゃん」のツイッターアカウントが登場し、つぶやいたツイートが実際に起こるという企画だ。

番組内では「お弁当の肉がカエルだった」「落とし穴に落ちる」など、さまざまなドッキリが遂行された。

 

また、クロちゃんが恋をしているという「レイちゃま」ことモデル・小林レイミも仕掛け人に加わり、クロちゃんの恋心を利用したドッキリが展開されることに。デート中に小林によって落とし穴へ落とされたクロちゃんは、悲しみのあまり号泣していた。

 

■まさかの結末に驚愕

そして企画はクライマックスを迎える。いつものようにアイマスクとヘッドホンを装着されたクロちゃんは、どこかへ連行されてしまった。そこでVTRが終わり、スタジオは困惑の様子。

そこで「クロちゃん、今日はなんだかフワフワした気分!」と予言ツイートが伝えられてネタバラシ。出演者たちがスタジオを見上げると、そこにはアイマスクとヘッドを装着したクロちゃんが天井に吊るされていた。

あまりにも衝撃的な展開にスタジオからは悲鳴があがった。MCのダウンタウン・浜田雅功(54)は口を開けたまま、ただただ天井を見上げ、相方の松本人志(54)は「こんなん『キャー』やわもう」と驚きを見せた。

 

■「ホラーすぎる」「怖すぎ」

放送を受け、ネット上では「怖すぎる」「ホラー映画みたい」と驚きの声があがった。

 

■「さすがにかわいそう」の声も

一方で「ここまでくるとさすがに笑えない」「かわいそう」との批判の声も。

同番組ではこれまでも、ツイッターでウソをつぶやき続けるクロちゃんの真実の姿を伝える「リアルクロちゃん」や、飲酒してからの奇行を観察する「寝たら起きない王選手権」など、クロちゃんの行動を観察する企画を放送し、物議を醸していた。

 

また、これらの声に対して、「フラれてすぐに別の女に電話をかけるクロちゃんはかわいそうじゃない」「かわいそうだと思わせないクロちゃんはスゴイ」といった声もあがっている。

 

■「イジり・イジメ」の判断は難しい?

24時間体制で監視するなど、もはや「イジり」の範疇を超えているとの指摘もある同番組。「いじめているみたい」と批判の声があがるのもしばしば見られる。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「イジり」について調査したところ、6割以上が「いじめだと思うことがある」と回答。

多くの人はこういった「イジり」に対して、疑問の声をもったことがあるようだ。

 

攻めすぎた企画内容から賛否両論の声も多い同番組。しかし一方では「テレビ番組で一番面白い」との声もあり、マニア的な人気があるのも事実だ。

・合わせて読みたい→安田大サーカス・クロちゃんの新あだ名が酷すぎる 「誰か助けて」と嘆きも

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1.342名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu