しらべぇ

パンダ見るなら上野より和歌山へ 東京から1時間半で「1歳の子パンダ」も目の前に

白浜にある『アドベンチャーワールド』には親子5頭のパンダが飼育されている。

地域 ライフ

パンダ

19日から、東京・上野動物園で今年6月に誕生したジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」の公開が始まった。観覧は事前申込制で、一部には「倍率60倍以上」との声も聞かれる。

しかも、観覧スペースの前で立ち止まれるのは「1分間」で入れ替え制。パンダ母子が公開されている部屋の正面では、後列から見るのも合わせて計4分間しか止まることができない仕組みだ。

 

■パンダ好きは和歌山に行こう!

南紀白浜空港

パンダを飼育している動物園は、日本に3つある。上野動物園と神戸市立王子動物園、それに和歌山県白浜町にあるアドベンチャーワールドだ。

中でもアドベンチャーワールドは、2000年から2016年までの間に15頭の赤ちゃんパンダが誕生。今も5頭が飼育されている、国内随一の「パンダの楽園」と言える。

アドベンチャーワールド

和歌山県の仁坂吉伸知事も、20日の会見でシャンシャンフィーバーに触れ、「(報道の際に)和歌山にもパンダがいると入れてほしい」と注文した。

 

■東京から1時間、空港から5分

パンダ

南紀白浜空港への国内線は、JALの羽田発が1日3便(午前2便/午後1便)のみ。しかし、所要時間はわずか1時間15分(羽田→南紀白浜)と、あっという間だ。

また、空港からアドベンチャーワールドへはバスもしくはタクシーで5分ほど。

 

■東京から通うパンダファンも

パンダ

取材班が乗ったタクシーの運転手さんいわく、

「東京から来た熱心なパンダファンを乗せることもありますね。『パンダを見るなら、東京よりずっといい』言うてね。『年間パスポート買って、何度も通ってる』言うてる人もいましたわ」

 

大阪市の中心部から白浜へは、クルマや電車で2〜3時間かかるが、東京からはわずか1時間半。パンダ好きなら、通いたくなる気持ちもわかる。

 

■昨年9月に生まれた子パンダも

パンダ

上野のシャンシャンは、2017年6月生まれだが、和歌山にも2016年9月に生まれたまだ小さなパンダがいる。写真の結浜(雌)だ。

アドベンチャーワールドのパンダ飼育施設は、双子の桃浜・桜浜(ともに雌)と結浜が暮らす『パンダラブ』と、3頭の両親である永明(雄)・良浜(雌)が住むブリーディングセンターに分かれている。

 

結浜は、今年10月までお父さん・お母さんとともに生活していたが、お姉ちゃんたちと同じ施設にお引っ越ししたばかりだ。

 

■屋外と屋内の運動施設

パンダ

アドベンチャーワールドに入ってすぐにあるパンダラブ。パンダたちは、屋外の運動場にいることもあるが、いない場合はかわいらしいぬいぐるみが知らせてくれる。

隣にある屋内運動場に入ってみると…

アドベンチャーワールド

双子の姉、桜浜が美味しそうに笹を食べていた。

パンダ

 

■オッサンのように見えてかわいすぎる

パンダ

時間制限もなく、至近距離でいくらでも見ることができるアドベンチャーワールドのパンダ。一眼レフを片手に最高の一瞬を狙う人も多いが、学校が冬休みの期間とはいえ平日はパンダが見られないほどの混雑ではなかった。

観客たちは口々に、「アレ、人が入ってるちゃうん?」「オッサンそっくりやわ」「生まれ変わったらパンダになりたい!」などと愛でることしきり。海の幸や和歌山ラーメンなど、地元のグルメも楽しむついでにぜひ訪れてみてはいかがだろうか。

【アドベンチャーワールド】

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399/営業時間:10:30〜19:30/年末年始は休まず営業

・合わせて読みたい→奇跡も呼び込む黒柳徹子の深いパンダ愛 ぬいぐるみとの波乱万丈&感動の歴史とは?

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

この記事の画像(28枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu