しらべぇ

チケット売買サイト『チケットキャンプ』閉鎖か? ネットでは歓喜の声で大盛り上がり

26日「チケットキャンプ」を閉鎖する意向との報道があり、ミクシィが否定。

話題

(bernardbodo/iStock/Thinkstock)

26日にチケット売買サイト『チケットキャンプ』を閉鎖する方針を固めたとする報道された件に対して、株式会社ミクシィが「当社が発表したものではありません」と発表。

今後のサービス継続の是非は検討しているとし、注目が集まっている。

 

■「来春にもサイトは閉鎖」と報道

一部で、26日「チケットキャンプ」を閉鎖する方針を固め、27日の取締役会で正式決定、ユーザーのサポートは続けるが、来春にもサイトを完全閉鎖する見通し…と報じられていた。

しかしミクシィは27日「当社が発表したものではありません」と否定。今後のサービス継続についてなど、開示すべき事項を決定した場合、速やかに公表するとしている。

話題になることが多い、チケットの転売行為。身分証での本人確認を行うなど、転売撲滅に力を入れているが、現状では問題の解決には至っていない。

「チケットキャンプ」は以前から「定価をはるかに超えた価格での販売が多い」「転売行為の温床になっているのでは?」と、その問題性が度々指摘されていた。

今月には、ジャニーズ事務所の商標権を侵害した疑いで家宅捜索を受けており、7日より一部機能を停止。新規の出品などが行えない状態になっている。

 

■「やった!」と喜びの声も

ツイッターではサイトの閉鎖報道が話題になっている。しかし一方で「別の取引場所ができるだけでは」との声も。

 

■「高額転売品」購入経験者は約1割

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,387名を対象に「定価より高い転売品を買うことがある」人の割合を調査したところ、全体では約1割という結果に。

決して多い数字ではないが、「10人に1人」が転売商品だとわかっていて、手を出しているのだ。

転売された商品を買うことによって潤うのは、販売元ではなく「転売屋」。高いお金を払ってでも行きたい、欲しいと思う気持ちはわかるが…「買う人がいるから転売される」ということを忘れてはいけない。

チケットの売買が可能なサービスはチケットキャンプだけではなく、今後の展開に注目だ。

・合わせて読みたい→電子チケットサービス担当者に聞いた「高額転売の問題点と対抗手段」

(文/しらべぇ編集部・はらすたらこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の男女1387名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu