しらべぇ

体ケアしてる? ハードな日々に「マッサージが自分へのご褒美」な人

年末年始の忙しさで疲れが溜まりやすい時期、自分の体ケアやメンテナンスも大事

ライフ

(st-palette/iStock/Thinkstock)

普段はそれほど忙しくない人でも、年末に向けて何かと用事が重なることや、忙しない状態になりがちな時期。

溜まった疲れをそのままにすると、体調不良に繋がったりするため「たまにはマッサージでも…」と考える人は多いだろう。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,354名を対象に「マッサージに行く」頻度について、意識調査を実施した。

■20代の利用率が意外と…

全体では「よくする」3.1%「まあまあする」5.5%「たまにする」12.3%で「マッサージに割と行く」人は20.8%。

一方、「あまりしない」13.5%と「ほとんどしない」65.7%で、「マッサージには行かない」派は79.2%という結果に。

しらべぇが過去に実施した調査では、「肩コリがひどいほうだ」という人は42.4%となっており、数値だけで見ると「肩コリはひどいけど、マッサージなどのメンテナンスはしていない」人が、多い傾向のようだ。

男女別では

「よくする」「まあまあする」「たまにする」と回答した「マッサージに割と行く」割合は、男性が20.8%に対し、女性は20.9%とほぼ同じだが、女性は「たまにする」の数値が高めで、こまめにメンテナンスしているのは男性の方が多いもよう。

また、「マッサージに割と行く」人の性別・年代別データを見てみると、

20代男女と30代男性が、比較的高めとなっている。

ちなみにマッサージ代はそこそこの金額になるため、年収別のデータもチェックしたが、「700万~1000万円未満」40.9%が突出したピークで前後は大きく下がっている。

若い層が多いのは、クイックマッサージなどの短時間・低価格なものをこまめに利用している――といった傾向もありそうだ。

 

■がんばっている自分へのご褒美

実際に「よくマッサージに行く」という人に、話を聞いた。

「プロになれるレベルじゃなかったけど、学生時代はそれなりのスポーツ選手だったので、メンテナンスを受けていました。体をケアするのも、体作りのポイントでしたから。もちろん、当時と状況が変わったので、受ける施術も変わりましたけど、マッサージに通うこと自体、割と普通の感覚ですかね。

 

ただ、無資格の人がやっていところも多く、後から調子がおかしくなることもあるので、信頼できる人を見つけるのが大事だと思っています」(20代・男性)

 

「体の状態を見ながら、足裏・全身・ヘッドスパなど、通い分けています。元々肩コリなどがひどくて、仕事も不規則でハードなこともあり、メンテナンスしないと体が保たないです。

 

一般的に女性が『自分へのご褒美』っていうと、甘いものとか、お洋服を買うイメージですけど、私の場合はマッサージに行くのが、がんばっている自分へのご褒美ですね。そういう癒しがないと、逆に忙しい日々をがんばれないかも…」(30代・女性)

 

忙しい日々を乗り切るためにも、癒しや自分メンテナンスは大事。

また、上手い・下手だけでなく、施術する人との相性があったり、人気の人だとなかなか予約できなかったりすることもある。安心して受けられる担当者を複数、探しておくのも、いざという時のためにオススメだ。

・合わせて読みたい→肩だけじゃない! つらい肩コリの悩み…お金やセクハラまで!? 

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1354名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu