しらべぇ

「余計なお世話」 マツコ、「地下鉄24時間運行」「ラグジュアリーマンデー」に苦言

『5時に夢中!』でマツコ・デラックスが持論を展開

話題

 個人消費喚起キャンペーン「プレミアムフライデー」が登場して1年足らず、問題点も指摘される中で、「ラグジュアリー・マンデー」や「地下鉄24時間運行」など夜間の観光振興につなげる新たな試みが提言された。

((C)ぱくたそ)

この提言を受け、25日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、マツコ・デラックスが持論を展開。視聴者からも賛否が起こっている。

 

■日本の夜はつまらない?

これは自民党・時間市場創出推進議員連盟による提案。「日本の夜はつまらない」と指摘し、昼と同じように利用できる夜間の娯楽やサービスの必要性を訴えた。

劇場やショッピングセンターの利用時間延長、移動手段確保のため鉄道やバスの深夜営業を拡大。さらに、自治体で夜間観光の活性化を担う夜の市長・ナイトメイヤーを設置。

また、日曜日の夜も活動しやすいよう、月曜午前を休みにする「ラグジュアリーマンデー」の創設も提言された。

 

■マツコも持論を展開

「治安悪化」や「店舗側の長時間労働」など問題点が山積みのこの提案に、「プレミアムフライデーすら周りで見たことない」、マツコ・デラックス(45)は持論を展開。

「余計なお世話。しのごの言わずに地下鉄24時間運行を始めたら、みんな勝手にやりだす」と24時間運行には肯定的だったが、「大都市で(公共交通機関の運行が)早く終わってしまうのはおかしいが、タクシー業界が儲からなくなるので一長一短」と苦言も口にした。

 

■視聴者も賛否

プレミアムフライデー発表時も多くの問題点が指摘され、実施後はその経済効果に疑問の声も出ていたが、今回の「夜の活性化」に関しても賛否が起こっている。

労働力の確保をはじめ、現実的な問題点が目立つ提案だけに、否定的な意見が多く見受けられた。

 

■4割が「家でゴロゴロする」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,361名に「プレミアムフライデーにやりたいこと」を調査。消費に関係のない「家でゴロゴロ」が40.4%となっていた。

プレミアムフライデーで約4割が自宅を楽しむ選択をしているように、「ラグジュアリー・マンデー」が成立したとしても、日曜の夜に街に出なければ経済的な効果は薄いだろう。

賛否巻き起こった今回の提案がどのような結末を迎えるのか。今後も注目が高まりそうだ。

・合わせて読みたい→もしも1種類しか麺を食べられないとしたら? 究極の質問にマツコと有吉が悶絶

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu