しらべぇ

時の流れが止まる癒しの空間! 高知の温泉カフェで思考停止になる

温泉でリラックスした後は、絶品ピザに舌鼓!

地域

人の流れがいつもの倍速に感じる12月。「師走」という言葉に惑わされ、気持ちまでせわしない時期である。そんな中でもカフェで過ごすひとときは、忙しい日常に潤いを与え、気持ちを落ち着かせてくれる。

同じような効果を感じるものに「温泉」も該当するのではないだろうか。「カフェ」と「温泉」を同時に味わえたら、相乗効果は計り知れない。

 

■高知ののどかな風景に佇む温泉カフェ

高知市街から東へ、車で40分ほど。香美市を流れる物部川中流のダム湖沿いに佇む『温泉café 湖畔遊』。名前の通りカフェと温泉が共存する施設だ。

都会の喧騒から離れたのどかなロケーションは、ヨーロッパの田舎町の雰囲気。癒され始めている自分がいた。

 

■四国で珍しいかけ流しのにごり湯

カフェと温泉、どちらを先か迷うところだが、まずおすすめは「温泉」から。

カフェの受付で入浴料を支払い、別棟にある温泉へ。浴室は男女別に分かれており、入ったのは、大きな岩に囲まれた、野趣溢れる空間。もうひとつの浴室は大理石風呂になっている。

お湯は、四国では珍しい淡い薄茶色のにごり湯で、加水なしの源泉100%かけ流しが嬉しいところだ。

泉質はナトリウム-塩化物泉。「熱の湯」とも言われる泉質は、湯上がり後もずっとポカポカが続く。

まろやかに鉄が香り、ツルツルすべすべのなめらかな肌触りが心地よく、お肌はしっとりすべすべの「美肌の湯」である。大きな窓から望む水辺の景色を眺めながらの湯浴みは、時間がゆっくり流れる感覚になる。

露天風呂は飲める地下水を利用した水風呂で、内湯と露天で温冷交互浴も楽しむことができる。

 

■風景画の中に入ったような癒し空間

温泉で一息ついたらカフェへ移動する。

館内は吹き抜けになっており、開放感抜群で気持ちがいい。木のぬくもりと、石張りのような壁が視界に広がり、目を飽きさせない。モダンなインテリアも趣があり、いるだけで贅沢な気分になれそうな空間だ。

天気が良ければテラス席もおすすめだ。

景色がとにかく美しい。まるでヨーロッパの「風景画」に吸い込まれたような感覚になる。日常とはかけ離れた空間は、思考が止まるくらいの絶景だ。

風呂上がりでまどろんだ脳みそと相まって、気づけば30分近く時が経っていた。忙しい日常から離れボーっとするひとときは、なにごとにも替えがたい極上のひとときである。

 

■オススメはピザ

ゆったりとした時を過ごしていると、心に余裕が出るためか、いつも以上にお腹も空いてくる。

「季節の野菜ピザ」は、カボチャやナス、トマトなどの野菜がゴロゴロ載っている具だくさんのピザ。野菜自体の甘みと旨みは、チーズとの相性抜群。無心で味わい、数分で胃袋に吸収された。

たまには日常から離れ、なにも考えなくていい至高の時を、カフェ&温泉で。

【温泉café 湖畔遊】
住所:高知県香美市香北町有瀬100
電話番号:0887-59-4777
営業時間(11:00〜20:00)水・木曜日休(冬時間)
入浴料:大人850円、小人425円

・合わせて読みたい→山形の秘湯で発見! 全長23メートルの超巨大かけ流し「混浴露天風呂」とは

(取材・文/しらべぇ編集部・小松歩

この記事の画像(8枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu