しらべぇ

「三井の晩鐘」に魅せられた米国人に密着! 鐘の音に視聴者も感動

滋賀・三井寺の鐘の音に魅せられた外国人が初来日。

エンタメ

(画像は「読むテレ東」のスクリーンショット)

25日、『世界!ニッポン行きたい人応援団』(テレビ東京系)が放送。「日本三名鐘」のひとつに数えられるほどの美しい音の響きを持つ、「三井の晩鐘」の魅力に取りつかれた米国人男性を日本に招待した。

 

■ドンさんの心を奪った鐘

同番組は、日本に行きたくてたまらない外国人を世界各国で探し、日本に招待するバラエティ番組。

今回は、インターネット動画をきっかけに、日本の鐘の音にハマり、自身で100個以上の鐘を作ってしまった男性・ドンさん、

日本の鐘には三名鐘と呼ばれる3つの鐘がある。見事な銘文が彫り込まれた、銘の神護寺。見た目の美しさがピカイチの、姿の平等院。そして、唯一無二の音色を響かせる、音の三井寺。

ドンさんの心を奪ったのは、音の三井寺だ。

 

■鋳物の街を訪れる

ドンさんが向かったのは富山県高岡市。鋳物の街と呼ばれ、銅鋳物の製造数は日本一で、仏像の9割、鐘の7割が作られる。この街にある、江戸時代中期から続く老子製作所を訪れた。

ここで鐘作りの工程を見学。原寸大の設計図を作り、外の型と中の型を作って、その隙間に銅を流し込むことで鐘は作られ、装飾は砂でできた型を隙間にはめ込んで作る。

実際に、その工程を手伝わせてもらうドンさんは2日がかりで、その技術を仕込まれた。

 

■憧れの鐘をつくドンさん

(画像は「読むテレ東」のスクリーンショット)

ついに滋賀県大津市にある三井寺を訪れるドンさん。彼の熱意を聞いた住職の粋な計らいで、自らの手で鐘をつくことが許される。

寺の関係者以外で、一般人が鐘をつくのは異例とのこと。初めて聞いた鐘の生音の衝撃に、しばらく呆然とし、完全に心を奪われるドンさん。

「心に染みます。人々がこの音に魅了されるのがわかります。これは誰もが体験できることではない。本当にありがとうございます」と、喜びを噛み締めながら感謝を口にした。

Twitter上では、視聴者から鐘の音やドンさんの様子に感動したとのつぶやきがあった。

 

■鐘作りへのモチベーションを高める

日本人にとって、大晦日の風物詩である鐘だが、新たな魅力に気づかされたとのツイートも見受けられた。

帰国の日、「たくさんのことを学んだ。帰国したら、本物の鐘作りに着手したい」と語るドンさん。

米国の街の中に、ステキな鐘の音が響く未来も遠くはなさそうだ。

・合わせて読みたい→日本でカツオ節を学びたい! 外国人大学教授が驚いた伝統と匠の技

(文/しらべぇ編集部・モトタキ

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu