しらべぇ

滝沢カレンが「今のりゅうちぇる」を表現した「四字熟語」に視聴者絶賛

『行列のできる法律相談所』で滝沢カレンが四字熟語を披露!

エンタメ

「あだ名」で再ブレイクのきっかけをつかんだ有吉弘行(43)を彷彿とさせる、人や物を「四字熟語」で表現する独自の芸が高評価を受ける、モデル・滝沢カレン(25)。

24日放送『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に登場し、「四字熟語」芸を惜しみなく披露。視聴者から絶賛の声が上がっている。

(画像は滝沢カレン公式Instagramからのスクリーンショット)

 

■四字熟語に注目

一風変わった日本語で大ブレイクを果たし、今年234本もの番組に出演した滝沢は、2017年の人気者がザンゲするコーナーに登場。しらべぇでも既報だが、「その人にピッタリな四字熟語をつける」一芸がザンゲ対象に。

東野幸治(50)は「薄情大王」、サンシャイン池崎(36)は「小声希望」、東幹久(48)は「何故色黒」。これまで多くの芸能人に四字熟語あだ名をつけてきた滝沢。この日もスタジオゲストに次々にあだ名をつけていく。

 

■梅沢、りゅうちぇる、さんまは…

梅沢富美男(67)に「本業不明」、桐谷美玲(28)には「猫目先輩」と名付けてスタジオが盛り上がる中、矛先は「怖い」とおびえるりゅうちぇる(22)に。

暫く考え込んだ後、「行先何処」と初期のキャラ設定から迷走気味の現在のりゅうちぇるを見事に表現。的確過ぎるからか「怖い」と周囲ははやし立てる。

最後に司会の明石家さんま(62)を「圧倒的口数」と「五字」熟語で表し、スタジオを最後まで盛り上げた。

 

■視聴者の気持ちを代弁

アドリブで次々に繰り出された滝沢の四字熟語に、視聴者は共感。特にりゅうちぇるのあだ名に絶賛が集まっていた。

ブレイク当時と比べると、明らかにテレビの露出が抑えられているりゅうちぇるが、「何を目指している」のか分からない視聴者の気持ちを、滝沢が四字熟語で代弁したようだ。

■6割以上が「飽きて」いた

しらべぇ編集部では、全国のペコ&りゅうちぇるを知っている男女926名に「ペコ&りゅうちぇるの話題に飽きた」かどうかを調査。2016年9月時点で6割以上が「飽きた」と回答していた。

ぺこ&りゅうちぇる

発言や態度で炎上しがちだったりゅうちぇる。

別番組では「2017年末には消えそうな芸能人5位」に選ばれ、若槻千夏(33)からも「将来が不安」と囁かれてきたりゅうちぇる。その不安が的中しつつあると感じているファンもいるはずだ。

もう一度、滝沢に四字熟語であだ名をつけてもらえる機会があった際には、ポジティブな四字熟語になるよう、これからの活躍に期待したい。

・合わせて読みたい→滝沢カレン、ホリケンら最強布陣 年内最後の『脱力タイムズ』がヤバすぎ

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代のペコ&りゅうちぇるを知っている男女926名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu